ようこそ!立正佼成会福知山教会です!

立正佼成会福知山教会 立正佼成会福知山教会
ブログ(日記)
ブログ(日記)

交換日記

小学3年生になった娘はミニバスケットボールチームに所属しています。
そのチームには、試合のことでも練習のことでも、思ったこと感じたことを書くノートが配られています。書いたらコーチに提出し、コーチからお返事を頂くという‥言わば交換日記❗️

先日、その交換日記を盗み見しました 笑笑
そしてその内容にとてもホッコリしました。

 

初めて書いた日記には
『今日はドリブルもシュートも出来たから嬉しかったです。次はパスもドリブルもシュートも頑張りたいです。
コーチいつも私たちの練習を教えてくれてありがとうございます。』

2回目の日記には
前後は省略しますが、
『コーチいつも私たちの練習や試合忙しい中教えてくれてありがとうございます。コーチのおかげで試合も練習も出来て、とても嬉しいです。』

と全て平仮名で書いてありました 笑笑

丁寧にお返事を書いて下さるコーチにも感謝で、そんなことを思える心が育っている娘にも感動しました。

 

普段はお口も達者になってきたり、かと思えば甘えてきたり‥イライラすることもありますが、こういう一面を知ると感心させられます。
愛おしく思ったり、素敵って思ったり、めんどくさ〜って思ったり‥色んな気持ちをぐるぐるまわりながら子どものおかげさまで成長させていただいています。

 

DATE:2021年4月29日

モヤモヤを口に出してみることの大切さ🍀

先日、子どもの学校のPTA役員決めがありました。見事にクラスの学級委員長の役をくじ引きで引いてしまった夫は、「最悪。」と口から出るほどかなりショックを受けていました。

これも必要あって頂いたお役なんだと思う私は、主人の態度に不満ぎみでした。

 

夫は人前で目立つことや、話したりすることが苦手なので、逃げたくて仕方がないように見えました。

 

知り合いのお父さんから、「うちは、嫁が役をしてくれていたから詳しいことはよく分からない。」という話を耳にした夫は、「〇〇さんちは嫁さんが役はしとんなったらしいよ。会議は俺が出るから、行事は土曜日が多いし、仕事があるから、当日はよろしく。」と言ってきました。

 

夫が仕事場に休めるか話をしても駄目だったとか…努力はしたけど難しい場合なら、じゃあ私が!という気持ちになったと思うけれど、この時はすごくモヤモヤして「最初から努力しないで、自分の嫌なことを押し付けてきた。」という受け取り方しかできませんでした。

 

このことを婦人部のオンライン法座で話すと、自分の気持ちを口に出してみたことで少しずつ落ち着いてきました。以前も教会長さんから教えて頂いたことを改めて言ってもらい思い出しました。

「主人にイライラするとき、こうして欲しいのに…ってモヤモヤする時は、私が主人に対して心からのありがとうが言えてる?主人のことがおろそかに流れ作業的になってない?」と…

 

確かに、ありがとうは言っていても、流れ作業的になってるかな…と、自分の言動を振り返ることが出来ました。

 

オンライン法座の翌日に、教会での法座で教会長さんに話を振っていただいて、一連の流れを話しました。

すると、法座の中で、ある主任さんはうちもPTA役員になったけど、「主人は仕事上、最初からできないことを分かっているから、私が出るものと思っていたからそうなんだと改めて思った。」という話を聞き、私の中で何がモヤモヤしていたのか晴れて?きました。

 

私は、夫にこうなって欲しいという期待をしていたんだな〜と。でも、私の期待とは違った態度を見せる夫に対してイライラ、モヤモヤしていたんだな〜…。

ということは、私は自分の思い通りにしたかったんだなぁ…。

自分勝手だったんだなぁ…。

と、モヤモヤした気持ちを口に出してみたことで、少しずつ冷静に内省できたり、サンガの方の意見交換する中で、見えてくるものがあるんだなぁと、改めて気がつきました。

 

嬉しかったこと、モヤモヤしたこと、悲しかったこと…いろんな気持ちをまずは口に出してみることの大切さを感じ、今度は夫や子ども、会員さんなど、色んな気持ちを聞いてあげられる自分になりたいなと思いました。

 

 

DATE:2021年4月27日

青年の日 事前学習会開催

4月11日(日)青年の日事前学習を行いました。

5月16日(日)の青年の日に向けて、まずはSDGSや一食を捧げる運動のことをスタッフ8名で学び、青年さんを中心に伝えようと3月ごろから、LINEのグループ通話を使い、話合いを重ねました。

 

SDGSの項目を一つ一つ調べ、8人のグループラインに流しました。そして、2チームに分けて、SDGSとは。一食を捧げる運動とは。をどう伝えて行くかの話をしました。

しかし、SDGSチームがまとまらず、一食チームの部長も入って話合いを持つも、上手く行きませんでした。無事に開催できるのか、不安と焦りが増すばかりでした。

 

教会長さんにお伝えすると「世界で、戦争が起こっているけど、こんなちっちゃなグループでも、意見が合わずまとまらないですよね。争いの心ではなく、認めたり受け入れることが大事ですよ。世界の平和は、私の心からですよ。」と教えて下さいました。さらに支部長さんからは、認める理解するということは、相手の意見をよく聞くことですよ。」と教えて下さいました。

 

私は、相手のことをそのことは見ている所が大きすぎて、部員さんには難しすぎる。と自分の意見が現実的に考えたら、正しい。と思い、自分の意見や考えを押しつけようとしていたことに気がつきました。

 

それからの会議では、相手の気持ちや意見を取り入れようと、みんなの意見を聞いていると大きな世界を考えることも、目の前のことを考えることも大事だな。と思いました。しかし、Aくんの心は、閉じたままで責任者を降りたいと、もうしでがありました。

事前学習まで、あと一週間でした。

Aくんや一人ひとりが思っていることを話合いました。Aくんなりの責任者として一人で抱えてくれていたことに気がつきました。残り一週間でしたが、皆さんに連絡を取り合い進めてくれました。

 

みんな仕事をしながらの準備でしたが、本番当日は、それぞれが自分を発揮して下さいました。スタッフの子どもも数人参加してくれ、「ゴミ拾いをしよう。」と思いました。と答えてくれ、小学生にも伝えると伝わるんだな。と感じました。

 

事前学習を通して、正しいとか間違っていることではなく、まずは、人と仲良くして、調和がとれるような私になりたいな。と思いました。

そして、これで終わりではなく、青年の日に向けて活動していきたいと思いました。

 

DATE:2021年4月22日

フードバンク支援

主任のAさんは、市から流れるフードバンクの支援の放送を聞かれました。そこで、以前、福知山教会で中心となって活動していたことを思いだし支部長さんに相談されました。すぐに了解をもらうと、早速、支部の皆さんに「みんなで協力させて頂こう。」と声かけをしました。Aさんは、「躊躇なく、ご縁に乗れたことが嬉しいです。」と話されていました。

 

支部長さんは、支部の皆さんから「協力するで。」と次々と声をもらっていることを、教会長さんにもお伝えされました。すると、「他の支部の皆さんにも、呼びかけるといいですよ。」と教えて下さいました。支部長さんは、「この支部は、福知山市ではないので、私の支部が支援させてもらうものと思っていたのでと思いもよらないことでした。菩薩行は、支部関係なく、いつでも どこでも 誰にでもさせて頂く心が大事だと教えてもらいました。また、支部が違ったら関係ないと思う心がありました。」と気がついた話をしてくれました。

そして、教えてもらったように、他の支部にも声をかけると「協力するで。」と温かい言葉にとても嬉しい気持ちになり、これからは、どんなことにも意識して協力できることは、協力して行こうと思われました。

 

4月14日(水)には、市の社協に集まった食品を持参すると、量の多さにビックリされ、大変喜んでもらうことができたそうです。また、一緒に活動してくれたH主任さんは、経験をいかし、乾麺があるとめんつゆがあるともっと喜ばれるだろうな。とすぐに買いに行ってくれました。経験をいかせ、喜んでおられたそうです。

 

私は、このお話や活動に参加させてもらい、一人の方の躊躇のないまごころの発信のおかげさまで、支援の輪が広がり、参加させてもらえた喜びも広がって行くことを教えてもらいました。

DATE:2021年4月20日

卒業しました🎓

このブログにも度々登場していた次男。支部の法座、教会の法座、婦人部の法座‥全てに登場していた次男。
本当に悩みに悩みました。
育てていく自信さえ失いました。
でもそれは、あの子の深い優しさを私が理解出来なかった、それだけでした。

 

そんな次男が先月小学校を卒業しました。
卒業式のあと、学活の中で手紙をくれました。
本人の承諾を得たので手紙を載せさせて頂きます。

 

父ちゃん、母ちゃんへ
いよいよ小学校を卒業するよ。だから、今まで育ててくれた父ちゃん母ちゃんに手紙を書きました。
母ちゃん、小さいころ、よく人との関わり方やぼくの良いところをたくさん話してくれたね。ぼくはそんな母ちゃんの話が大好きでした。
小学校に入学したばかりのときは、きんちょうしたし、トラブルもたくさんあって、もう学校に行きたくないと思ったときも、いっしょに考えてくれたり、はげましてくれたりしてありがとう。今でも学校で困ったときは、アドバイスをしてくれてありがとう。ぼくはそんな母ちゃんが大好きだよ。これからも、めいわくをかけるかもしれないけどよろしく。働きすぎて体をこわさないように、ぼくも手伝うからずっと元気でいてね。

〜父ちゃんへのメッセージ〜

ぼくは、これから中学生になるから、父ちゃんが言ってくれたように楽しんで、母ちゃんが言ってくれたように、自分には良いところがあると自信をもって過ごします。これからもよろしくね。
◯◯より

 

悩んで良かった。苦しんで良かった。逃げなくて良かった。
こちらこそありがとう。
卒業式の余韻に浸り過ぎてしまい、明日はもう中学校の入学式です 笑笑
きっとまたこのブログにも登場しますので‥乞うご期待!笑

DATE:2021年4月14日
. .
©Rissho Kosei-kai Buddhist Church of Fukuchiyama. All rights reserved.