ようこそ!立正佼成会福知山教会です!

立正佼成会福知山教会 立正佼成会福知山教会
お知らせ
お知らせ

「しつけ」は「励まし」の言葉で

【Mam’sLight コラム】2

子育ては「褒める」ことが大切だといわれます。
しかし、ついつい子どもの言動に腹が立ち、「しつけ」のつもりで「ダメでしょう。〇〇しなさい!」と厳しく言ってしまいがち。

 

「しつけ」を漢字で書くと「躾」と書きます。つまり、「美しい身と書く」と勉強会で教えてもらいました。

たとえば、「あいさつ」をする、「ありがとう」とお礼を言う、「ごめんなさい」とお詫びをする、「はい」と返事をするなど。

これらはみんな人間関係において「思いやりの心」を育むもの。これらが身につけば、きっと将来大人になった時、人から愛され、尊敬されるような人間になることでしょうね。

 

「しつけ」もただ単に「〇〇やりなさい」と言って聞かせるものでなく、「あなたも立派な大人になれるからね」と励ます言葉をもうひとつ加えてみたらいかがでしょう。

でも、そう簡単にいかないね! うん、うん、それもわかるわかる。。

 

 

DATE:2018年7月12日

親子で取り組む「ゆめポッケ」キャンペーン

「ゆめポッケ」ってどんな取り組み?

 

戦争などで傷ついたり、家族をなくしたり、悲しい思いをしている子供たちがいるでしょ。

その子供達の笑顔を願いながら文房具やおもちゃ、メッセージカードなどを手作りの袋に詰めて送っているんですよ。

会員の小学生や中学生が親子で語り合いながら準備しているよ(*^-^*)

これも子ども達の「思いやりの心」を育む活動です。

キャンペーン期間 7月1日(日)~8月31日(日)

 

詳しくは、クリック→「ゆめぽっけ」HP。

 

 

 

 

 

DATE:2018年7月10日

世界の子ども達へ 一食ユニセフ募金活動!

世界中のお友達のために頑張ったよ!

7月1日(日)一食ユニセフ募金活動を実施しました。

会員の皆さんは「子ども達が頑張っているから」と、子ども一人ひとりの箱に募金をしてくれました。(*^-^*)

 

<募金活動を終えて>

子どもたちの声(感想)

〇手がだるかったけど、たくさんの人が入れてくれたから、また頑張ろうと思った。

〇お金を入れてくれたから、ご飯が食べられないお友達が食べられるようになったから良かった。

 

一食基金担当者の声(感想)

〇今回、3歳から7歳の子どもたちが募金活動に参加。人のために役に立つことの喜びが感じられて、こちらも嬉しくなりますね。

小さなつぼみが花開くように、共に心を育んでいきます‼

 

DATE:2018年7月9日

夏の風物詩 納涼祭を開催!

今年もこの季節がやって来ましたね!(^^)!

 

〇日時:7月29日(日)18:00~20:00

○会場:立正佼成会福知山教会駐車場

○参加者:一般公開(ご自由にご参加下さい。)

 

今回から「感謝のつどい」を「納涼祭」と名称を変更しました。

今年の目玉はプロの津軽三味線演奏とお笑い漫才です。

食べ物の模擬店も揃えています!!

そして、毎年例年になりました抽選会もありますよ。

さて、今回の1位の商品は…?

どうぞ、お楽しみに!!

 

皆さまのご来場を心からお待ちしております。

 

DATE:2018年7月8日

今日も心の葛藤中です !!

【Mam’sLight コラム】1

ある元気のいいお母さんのお話です。

 

よく子どもに「いつもあなたはこうだから」と怒りの心が沸いてきます。

特に「いつも~」がつくと、怒りが倍増!!

私はいつも優しいお母さんになりたいと思っているのにね。とても残念です。

 

ところでその「怒り」の心って、どこから来ているの?

 

それは思い通りにならなかった私の「心の傷」からと学びます。「怒り」の心は相手でなく、自分の心から沸き出すもの。

確かに自分の器がもっと大きかったら、怒りの心も起きません。

 

やっぱり私の心の器を広げるしかないか?ふッ~。

 

今日も心が葛藤中と話すお母さん!

私から見て全部子どもに対する愛情の表現でした。

 

DATE:2018年7月8日
1 / 3123
©Rissho Koseikai Fukuchiyama Kyokai. All rights reserved.