ようこそ!立正佼成会福知山教会です!

立正佼成会福知山教会 立正佼成会福知山教会
ブログ(日記)
ブログ(日記)

報告|丹後支部ご命日

毎月19日は丹後支部のご命日。この19日は、丹後の法座所に、ご本尊さまを安置した大切な日です。
新しい教会長さんを迎えて、初めてのご命日。みんな、この日をワクワク楽しみにしていました。

 

ご供養をして頂いてから、今回は丹後支部のゆかいなメンバーの紹介を兼ねた法座がありました。

 

その中で、丹後支部の誕生秘話や、福知山教会が日本一ちいさな教会だった頃の話になりました。

 

法座所がない頃は、ある方の自宅を拠点に、今では考えられないほどの遠い距離を自転車や徒歩で、信者さんの家を回られていたそうです。

・・・すごいです!!

こうした、たくさんの先輩方のおかげさまで、今の丹後支部があるのだなぁ~と改めて感じました。

 

法座のあとは、みんなで料理上手なおばちゃん特製の美味しいおでんをいただきました。

 

心も身体もぽかぽかな一日になりました。

冬には、やっぱりこれが一番(*^^*)

DATE:2020年1月12日

小さな力を|フードバンク

フードバンクにご協力を!
消費税が10%に引き上げられ、私達の生活を締め付けています。どうしたら、家計をやりくり出来るか日々、頭を悩ませています。
でも、どう頑張っても、毎日の食事に事欠いている方がおられます。

「まずは、人さま」

ご家庭にある缶詰やカップラーメンなど、
日持ちする食べ物を困っている方に、
一つでもあなたの真心を届けませんか?

 

Q&A

余っているものでもいいの?

A.余っているものでもいいけど、心がこもっているものがうれしいです。

どんなものがいいの?

A.①賞味期限が一か月以上のもの ②常温で保存可能なもの ③未開封であるもの

・麺類(乾)・防災食 ・缶詰や瓶詰 ・乾物(海苔やドライフルーツなど)

・インスタント食品  ・レトルト食品  ・調味料  ・飲料  など

 

募集期間:1月15日(水)~1月31日(金)
設置場所:福知山教会道場 設置箱を用意してあります。

※福知山市社会福祉協議会では随時募集されています。

http://www.fukuchiyama-shakyo.org(地域福祉推進事業)

 

 

 

 

ねずみ年は、どんな一年になるかなぁ…

DATE:2020年1月11日

報告|元旦参り

1月1日(水)元旦参りに行ってきました。こちらに帰省中の方が、たくさん来られてました。ふだんは出会えない方の顔が見れるのも、お正月ならでは。嬉しいですね。

 

令和2年の最初のご法話を中野教会長さんから伺いました。ご講話の一部です。

 

「生きるための道しるべに宗教があります。一人ひとり、家庭でも喜んでもらう人になってなりましょう。また、不足の心ではなく、感謝の心を持ってすごしていきましょう。」と教えてもらいました。

 

今朝、みんなで家を出る時、お義母さんが何も言わず、エアコンを消してくれました。私は、「1時間ちょっとしたらもう帰って来られるから、エアコンをつけたまま出かけよう~」と言いました。

でも2人は、聞こえなかったのか、何の返事もなく出ていきました。私は、モヤモヤした気持ちに…。

 

今朝のご講話をきいて、冷静になれました。主人は日ごろから火事を気にしています。お互い、大事にしている部分が違っていただけなのかも…。ここで、主人、お義母さんを思う心をつかわなかったら、主人やお義母さんから喜んでもらえる人にはなれないですね〜。

 

家庭の中でこそ、家族に感謝を心がけていこう!と元旦の朝に誓いました(^ ^)

初日の出、朝焼けの様子です(^^)

 

DATE:2020年1月8日

学び | 私が手を合わせてみると…

先日、教会長さんに教えていただいた「朝ごはん前のご供養」を早速やってみました。いつも私がコーヒーを飲んで、まったりしていた時間を、まず仏さまのご供養にあてました。

 

そして、学校から帰ってきた子供たちに、「仏さまに『ただいま』って言ったらどう?」と言ってみると…。

「分かったぁ!」と、ひとつ返事。その上、次男からは、「『ただいま』と『行ってきます』の丁寧語は何なの?」と聞かれました。

私は少し考えて「ただいま帰りました、と行ってまいります、だよ。」と答えました。

すると、次男はランドセルを背負ったまま「ただいま帰りました!」と、すぐ行動をしていました。

 

さらに、翌日も手を合わせる次男‥そして「ボク毎日やるわ。」と!(^^)!

この子は、何も疑問に思わないんだろうか??我が子ながら、少し不思議に思いました。でも、きっと何か、胸に抱えきれないものをもっているのかな…乗り越えようとしているのかな、とも思えました。

 

この事を教会長さんにお伝えすると、「お母さんが素直に実践したから、息子さんの素直な心が見えたんですね。」と教えていただきました。親子ってイコールですね。

 

これから仏さまの存在が、次男にとって心の支えになりますように…。

お餅の食べすぎには、気を付けて~(*^^*)

DATE:2020年1月4日

法座 | 子どもと一緒に

私には、妙に強い正義感と、まちがったことが許せない生真面目をプラスしたような性格をもつ次男がいます。おまけに次男は、思春期を迎えました。

その次男のクラスは学級崩壊が起きていました。最近は、少し落ちついてきているのですが。

私は、日々、クラスでの出来事や息子の友達関係に、ただ漠然と悩んでいました。先日の法座で、そのことを話をすると。。

 

教会長さんから「息子さんは学校では、どんな様子ですか?」と尋ねられました。「息子は息子なりに、葛藤を抱えながらがんばっています。」と言いました。

教会長さんから「そうですか、息子さんは学校でいっぱい頑張っているんですね。お母さんも何か一つ、一緒に頑張れることがあるといいですね。例えば、ご供養できてますか?子どもたちも一緒に、仏さまに手を合わせられるといいですね。」と教えていただきました。

.

私は、「家では全く出来ていません。子供たちも、仏さまを素通りして学校に行ってます。」と答えました。

教会長さんは、続けて「ご供養は、ご先祖さまにとってはご飯です。私たちがご飯を食べる前にすると良いですよ。」と言われました。

 

法座に座っていたみんなも、それぞれ振り返り「出来てない…」と目を合わせました。みんなで一緒に、「明日からは、朝飯前にご供養をしよう~」と心に決めました。

 

・・・朝のご供養は寒さと眠気との戦いですね、でもなんとか子どもと一緒にがんばっています(*^^*)

初日の出は、みれましたかぁ?

DATE:2020年1月2日
©Rissho Kosei-kai Buddhist Church of Fukuchiyama. All rights reserved.