ようこそ!立正佼成会福知山教会です!

立正佼成会福知山教会 立正佼成会福知山教会
ブログ(日記)
ブログ(日記)

報告|身近な人と平和の心で

今月4日ご命日は、各支部で会員さん宅に集まります。ご供養のあとは、『やくしん』 の機関紙を元に、今回は支部壮年部長さんが研修の担当です。

 

今回の話題のテーマは「平和を築く菩薩の心 ~世界平和は家庭から~ 」でした。

 

 

先月本部団参の時、大聖堂のご本尊の前で「折り紙に平和のメッセージを書いて鶴を折って下さい」とあったので、私は6才の子どもに「平和のメッセージを書いて⁉」と言うと、「なんて書いたら良いか分からん」という意外な返事が返ってきました。

 

平和な時代に育った子どもに、いざ「平和の祈りを伝えよう」と思っても、どう伝えたらよいか、頭をくるくるめぐらせてしまいました。

 

今回の研修では、身近な人とよい関係を結ぶ努力をすること。また、良い話を聞いてそのまま伝えるのではなく、聞いたことを実践して感じたことを伝えることが大事ですよと教えてもらいました。

 

私は、夫の母親と同居をしています。支部長さんから「嫁姑が仲良くして暮らしていることが、子どもに平和の心が育まれるんですよ。それが(遠いようだけど)世界の平和につながっているんですよ。」と教えてもらいました。

 

世界が平和であることは、身近な関係の小さな積み重ねからなんだなと知れると、なんだかできそうに思えて嬉しくなりました。

 

8月はニュースやTV特集などを見て「平和について」考える期間でもあります。

 

これからも世界中の人々が平和でありますように祈ります。

 

平和な心が広がりますように!

DATE:2019年8月6日

報告|ハッピーファミリー団参

7月31日(水)から8月2日(金)までの二泊三日、ハッピーファミリー団参として親子44名が東京へ出発しました。今回は、大聖堂での朔日参り式典やディズニーランドも特別プログラムとしてありました。

 

最初は子ども達は元気いっぱいでしたが、残念ながら夜には1人2人と、熱が出る子どもが出てしまい、その次の朝も、中学生が…と。責任者であるAさんは、だんだんと私の何がいけなかったのかと責めてしまう気持ちになりました。

 

しかし、式典後の法座で、法座主さんの言葉がAさんの心に潤いを与えてくれました。

 

「今日、お参りに来れたことは、当たり前じゃないんですよね。色々な方のおかげさまを頂いて参加できているんですよね」と。

 

Aさんは、その法座主さんの言葉を聞いて、体調不良の子どもさんを、参加者全員が心配する優しさや、思いやりの行動をとっていたことに気がつかれ、私自身が温かい気持ちになったことをお話しました。

 

すると、法座主さんは「仏さまのご守護ですね、仏さまは責任者のあなたに光を差してくださってるんですね。体調不良にられた3人の子どもさんにありがとうと伝えると良いですよ。」と、状況に応じて、私自身も優しい眼差しを向けられていた優しさに光を当ててくれました。

 

そのAさんの心は感動でいっぱいになり、涙があふれてきました。

 

そして、その後、ディズニーランドへ出発です。子ども達の体調はだんだんとよくなり、みんな揃って楽しいひと時を満喫することができました。

 

Aさんは、最後の感想で「夜の綺麗なパレードを見て、仏さまからのご褒美に感じました。」と述べてくれました。

 

ただ楽しかったというツアーでなく、参加者全員で人さまを思う優しさを引き出してくれたファミリー団参となりました。誠にありがとうございました。

 

 

 

 大聖堂ウォークラリー  ドキドキ☆ワクワク♪♪♪

DATE:2019年8月3日

報告 | サマースティ開催

7月20日(土)~21日(日)に、共育部・若手壮年さん合わせて、約60名が教会に集まりました。

 

1日目は、ゆめポッケ活動・福リンピックと題してのゲームレクリエーション、夜はお待ちかねのBBQと花火大会をしました。雨の心配もありましたが、みんなの熱意で雨雲もどこかへいってしまったようです。

 

教会長さんは、楽しいビデオ動画で参加してくださいました。ありがとうございました。

 

子ども達の感想です。

・ゲームが楽しかった。またやりたいです。

・はじめてするゲームばかりで、面白かったです。

・心に残る夏休みの思い出になりました。

・みんなで入ったお風呂が楽しかったです。

 

いろんな世代の交流ができて、絆も深まったようです。

来年も、お楽しみに~~☆

ゆめポッケの学習会をしました。

 

みんなで、メッセージカードを書いています。

 

DATE:2019年7月23日

報告 | うら盆会の式典がありました

7月15日(月)に教会道場にて、お盆の式典がありました。たくさんの方にお参りしていただきました。

初盆をむかえる方は、灯籠をお供えしてもらいました。教会全体が、家族の手に包まれているような温かい雰囲気になりました。

今年は福知山城の歴代城主の方々、地域貢献された有識者の方々、また応仁の乱、阪神大震災・東日本大震災でお亡くなりになられた方もご供養させていただきました。

 

教会長さんからは、地域のみなさまと共に生きていくことの大切さ、そして、自己中心の心から、人の喜びを自分の喜びにできる心の大切さを教えてもらいました。

 

今日は、深くいのちの繋がりを考えることができました。何もないと自分のことにとらわれがちな私です。これからは、一歩外に目を向けて、心豊かな私になりたいです。

 

DATE:2019年7月17日

報告 | ご協力ありがとうございました

今回、社会福祉協議会のフードバンクのご協力をお願いしていました。おかげさまで、あたたかい真心からの食べ物がたくさん集まりました。

 

これからも少しでも地域のお力になれれば幸いです。

 

ご協力ありがとうございました。

 

 

 

DATE:2019年6月10日
©Rissho Kosei-kai Buddhist Church of Fukuchiyama. All rights reserved.