ようこそ!立正佼成会福知山教会です!

立正佼成会福知山教会 立正佼成会福知山教会
ブログ(日記)
ブログ(日記)

入学・卒業祈願

3月13日(土)に、新一年生になる息子は、入学・卒業祈願をしてもらいました。

息子は、どこにでもいる元気で、明るい子ですが、幼稚園に行くと一変、話すことが出来ません。運動会で、何かダンスをするのも、立ち止まってしまいます。年少の頃は、初めてで恥ずかしいのかな?周りに圧倒されているのかな?と思っていました。年中になり発達スクリーニングでは発達には問題ないものの、気になるなら病院へ行かれたらとアドレスをもらいました。診断は、場面かん黙症でした。はっきり原因を知った方が、安心すると思っていましたが、ショックが大きかったです。支部長さんに伝えると、「大丈夫。親のあなたが頑張って人の役に立つことをしたら。」と言ってもらい大丈夫の一言に安心しました。

 

今、一年生を前に色々な不安がよぎります。普段から支部長さんから「苦しいことがあっても明るく乗り越えていくことが、信仰ですよ。」と教えてもらい、息子ならきっと乗り越えられる。と信じて行こう。と切りかえました。

 

入学・卒業祈願では、名前、好きな食べ物、抱負の発表の機会がありました。

前に出て発表なんて、ハードルが高いな。言えないのは、承知済みです。お姉ちゃんやいつも仲良くしてくれている子ども達にフォローしてもらうようお願いしました。

 

すると、順番が回って来て、マイクを向けられると、マイクがあって良かった。と思うくらい小さな声で名前を言いました。

あとは、周りの子ども達が、「言う?言おか?」と息子に聞きながらサポートしてくれました。

 

支部長さんに、息子が名前言えたよ。と報告すると、「普段からあなたが頑張って、ちょっと分かったからね。」と言って下さいました。「え!?」と反応すると、「子どものことは、ほっておいたら良い。人さまのために動いていたら子どもは、大丈夫。」と教えて下さいました。

振り返ると、教会で忙しい毎日を送っているおかげさまで、そこにとらわれている暇がなかったな。と思いました。

みんなのサポートと息子の力で、一歩進んだと思っていましたが、やはり私次第かと思いました。

これからも、忙しい毎日の中ですが、自分や子どもの成長のために頑張って行こうと思います。

 

また、学校や家庭以外で、自分を発揮できたり、安らげる場があることがありがたいな。と思いました。

春は、ドキドキ!わくわくの季節ですね。

DATE:2021年3月25日

昔の思い…。

私の兄弟は、みんな遠くに住んでいます。毎年、数回は出会えるので子ども達も楽しみにしていました。しかし、コロナになり会えなくなって一年ちょっと経ちます。

 

娘は、友達が週末に親戚の子と遊ぶんだ。と楽しそうにしている姿を見て私に、「なんでうちは、みんな遠くに住んでるの?」と聞いてきます。「そうやね。遠いね。コロナやから、遊びに行けないのは仕方ないね。」と答えるくらいしか出来ませんでした。

確かに、私も主人の方もどちらも遠くに住んでいます。

私は、娘とそんなやりとりの中、ふと気がついたことがありました。それは、私の親戚は、父方の方しかなく、父は長男で祖父母の近くに住んでいました。親戚のみんなは、近くに住んでいたので、お盆や正月は、みんなが集まって来て子どもの頃は、どこも出かける所もなく、遠くにいる人がうらやましいと思っていたのでした。

 

何十年経って、実は、当事のことはありがたいことやったんだな。とコロナのおかげさまで思えることが出来ました。近くても、遠くてもそれぞれの良さはあるんだろうな。と思いました。

 

もうちょっと、コロナが落ちついたら、出会いに行けるのを楽しみに、自粛生活頑張りま~す!

DATE:2021年3月10日

朝の立ち当番で・・・

学校が始まり、朝の立ち当番が回って来ました。同じ町内の方とペアでした。

 

時間に行くと、その方は来られませんでした。私は、自分の役を務めるだけと思い直しました。「おはようございます。」と返してくれても、返してくれなくても子どもたちとのふれあいに、「やっぱり、挨拶をすると私が嬉しい気持ちにならせてもらえるなぁ。」と感じました。立っている所では、シルバーの方もおられ、短い時間でしたが、子どもの頃の苦労した話を聞かせて下さいました。

 

 

帰り道、立ち当番は年に数回で、子ども達やシルバーの方との出会いがないので、一瞬一瞬が大切だな。相手の方が喜んでくれるふれあいは出来たかな。と思って帰りました。また、もう一人の当番の方は、最後まで来られませんでした。その方は、来られなくても、日誌を持っておられるので、私はちゃんとさせてもらったから、書いてもらいたいな。と思う気持ちがムクムクとおきる私でした。

 

今月の佼成の会長先生のご法話の中に、宮沢賢治の詞が出て来たのを思い出しました。私もミンナニデクノボートヨバレ/ホメラレモセズ・・・になりたい。と思っていたのに。

 

支部長さんに聞いてもらうと、「良い体験をしましたね。色んな人と縁になると色んな自分に出会えます。」と教えてくれました。

 

色んな自分に出会えることがワクワクしてきました。

今年も即是道場でがんばります(^o^)

 

DATE:2021年1月17日

~🎄クリスマスカード💌~

娘の元に、支部長さんと少年部長さんのメッセージが入ったクリスマスカードが届きました。

 

カードには、お手伝いを頑張っていること、妹やお友達にやさしくしていることをサンタさんは見てるよ✨とのメッセージを読んだ娘は、「これ大切にしよ~💓」とカードを大事そうに見つめていました。

 

しばらくすると、急に台所へ行き何やらゴソゴソしている娘…。

「ママ~!洗い物しといたで~!」と、得意そうにニッコリ☺

サンタさんにお手伝いを頑張ってるところを見せようと思って、急に 頑張りだす娘…(笑)

 

単純だけど、可愛いなぁ~💓

 

それにしても、サンタさんの効果は絶大だなぁ~とビックリです(笑)

 

いつまでサンタさん効果は続くかなぁ~?

DATE:2020年12月25日

気持ちを大事に

ある日、幼稚園から迎えの帰りに、友達と遊んでいました。すると、6歳の息子が高い所から落ちて、右腕を骨折しました。息子は「Aくんに押された。」と言いました。

 

家族で話し合い、Aくんにわざわざ言わなくても、自分がしたことは十分、分かっているはず。と信じ、Aくんの親も近くに居たので、言わないでおこうと話をしました。

 

しかし、息子が言ってくれた気持ちが置き去りになっていると気がつき、支部長さんに聞かせてもらいました。

 

「普段、話さない息子が気持ちを話してくれたことが嬉しくて、気持ちを大事にしたいから話を聞いてくれる?と、言って話をして来なさい。事柄で伝えたらダメですよ。」とご指導をもらいました。

最初は、事柄で伝えたらダメという意味が分からなかったけど、早速、息子と2人で家に行き、話をさせてもらいました。Aくんのお母さんは、たぶんそうやろうと思っていたけど、本人が認めないと言われました。

私たちは、責めるつもりで来たんじゃなくて、息子の気持ちを大事にしたかったから。聞いてくれてありがとう。と話をしました。

 

帰りみち、息子は満足そうな笑顔に変わりました。

あれから、幼稚園ではAくんはもちろん、友達が積極的に手伝ってくれ、お母さんとも今まで通りの関係が築けています。

ご法のおかげさまで、残りの幼稚園生活を楽しく通えることが嬉しく思っています。

次につづく・・・。

 

 

 

 

 

 

DATE:2020年12月7日
. .
©Rissho Kosei-kai Buddhist Church of Fukuchiyama. All rights reserved.