ようこそ!立正佼成会福知山教会です!

立正佼成会福知山教会 立正佼成会福知山教会
ブログ(日記)
ブログ(日記)

不登校から…の努力🌱

Aさんは、お孫さんのことを話されました。『孫は、中学の頃から不登校になり、休んだり、保健室登校をしたりし息子夫婦はもちろん心配したり見守る中、どう関わっていいのか悩んだりしていました。

それが、無事に高校に入学して4月から、頑張って通えるようになったんです。それでこの前、中間テストの成績がクラスで1番だった!と報告してくれたんです。私は、中学からまともに授業も受けられずにいた孫が、高校の勉強についていくには、凄い頑張ったんだろうなぁと、孫自身の努力が凄いなぁと思えたし、嬉しかったんです。そして、色んな葛藤や、苦しみはあったけど今日までそんな孫を支えて、見守る家族もよく頑張った。』と話をしてくれました。

 

それからAさんは、お孫さんに「あなたは今まで、凄い辛かったり苦しかった分、今度は同じように困ってる人がいたら、その人の痛みが誰よりも分かってあげられるから、そういう人の役に立てるような人になってね」と、声を掛けられたそうです。

 

今はコロナの影響で、コロナ鬱になったり、不登校になる子ども達が増えているとニュースでよく耳にするようになりました。暗く沈んだ心が、ほっこりあたたかくなるようなそんな声掛けや、関わりが出来る私になりたいなと、Aさんのお話を通して感じました。

カルガモの親子ですね~

 

DATE:2020年6月26日

子どもたちを見送るときは…

B壮年部長さん、靴を揃えて頑張っておられます。再び、登場してくれました。

息子さんは、毎朝、仕事に出かけるときは、エアコンの電源をつけっぱなしで出かけて行きます。

 

B壮年部長さんはそれをみていつも、「また、エアコンをつけっぱなしにして。」という心が湧ういてきます。

 

ある本に載っていた、『いつも晴ばれとした心で仕事を』を目にしました。そこには、『私心や私欲を捨てて、人の嫌がることを進んでやってみる。ムダなことのようでも、コツコツ実践し、人さまのために働ける自分になろうと心がけて仕事をする。』と書いてありました。

 

B壮年部長さんは、ハッとされ、「心のとらわれが見方を変えるんだな。」と気がつかれました。息子さんに対しても、「いつも人さまの為に働いているんだな。」と見えるようになりました。

 

現在、エアコンの電源が消えていることも増えてきました。また、息子が家族のことを思ってくれているんだな。ということが、思える出来ごとがあったそうです。

 

それは、また、次回に投稿しますね。

「気をつけて、いってらっしゃ~い。」

 

 

DATE:2020年6月25日

~学校が再開して🏫✨~

僕は、小学6年生です。
学校が久しぶりに始まって、生活が大きく変わって、慣れるまで最初は少し大変でした。
でも今は、学校生活にも慣れて、学校は友達と会えてやっぱり楽しいなと思いました。だけど、行事がたくさん減って、小学校最後の運動会も出来なくなって、思い出を作るチャンスが減って、とても残念です。
なので、行事などが出来ない分、普段の学校生活で、友達とたくさん遊んだりして楽しみたいです。

 

「限られた中にはなるけど、楽しい事や、嬉しい事、たくさん探して、忘れられない✨最高の6年生✨にしようね😊✨ 🍀母より🍀 」

「そんな風に思えてたら、大丈夫!!」

DATE:2020年6月16日

わが家の玄関

今日は、特別B壮年部長さんの登場です。

 

Bさんの息子さんは、いつも帰って来たら、靴を脱ぎ捨てています。そのことをBさんは、気になりながらも見て見ぬふりをしていました。

 

でも、『このまま当たり前になったら、あかん。』と思い立ち、思い切って自分から、下駄箱に片付けるように心掛けられました。

 

「めんどくさいなぁ。」と、内心思うことは、たびたびありましたが、1ヶ月が経つころには、靴を片付けることが自然になっていました。そして、ふと気がつくと、息子さんが自分で靴を片付けるようになっておられたそうです。

 

息子さんが、変わられるまで諦めずに実践されたBさんの勝ちですね。見習いたいです。

私も、『靴を片付ける』を実践したことはありますが、色々な気持ちが湧いて、挫折しました…

 

もう一度チャレンジしてみようかな(^-^)v

DATE:2020年6月1日

見守りプロジェクトに参加したよ

『臨時休校中の子どもと家族を支える見守りプロジェクト』の支援を募っていますとの知らせを受けました。

 

私には同じく臨時休校中の小、中学生の子どもが3人います。我が家は子どもだけでお留守番することもなく、適度に息抜きやリフレッシュ出来る場所もあり、本当に有り難い環境にいます。

 

なかには、寂しい思いをしている子。不安な思いをしている子。我慢して我慢して耐えてる子。色んな子どもたちがいるんだろうな…少しでも役に立ちたいなと思いました。

そして、この事を子どもたちに伝えました。
「僕も協力する!どういうことをすればいいの?」

『カップラーメンとか、レトルト食品とかの支援が良いみたいだよ。』

「じゃあ、自分のお小遣いで買いたいから連れて行って欲しい。」

 

翌日、この休校中にお手伝いをして、少しずつ、少しずつ貯めたお小遣いを握りしめて買い物に行きました。
「何買えばいいか分からん。」
『深く考えなくていいから、自分が嬉しいものとか、1人でお留守番してても食べられるものとかどうかな?』
「なるほど!じゃあ僕は自分の好きなカップ焼きそばにする!」
『カップラーメンは簡単に作れるよね。』
「私はお菓子が嬉しいからお菓子にする!」
真心のたっぷり詰まった買い物袋、1人でも多くの方に喜んでもらえますように✨

 

清々しい顔の子どもたち。そして、3人の中の誰かが一言「お小遣いはこういう時に使わなきゃね!」と。親からもらったお金じゃなくて、自分でお手伝いして貯めたお金で人の役に立てるって、なんか良いね〜✨

母は、見習います!!笑 笑

DATE:2020年5月23日
©Rissho Kosei-kai Buddhist Church of Fukuchiyama. All rights reserved.