ようこそ!立正佼成会福知山教会です!

立正佼成会福知山教会 立正佼成会福知山教会
ブログ(日記)
ブログ(日記)

多文化を学ぶことの大切さ

いつも子ども食堂でお手伝いさせて頂いているNPO法人の代表をつとめておられる先生からのお誘いで、11月26日(日)に、多文化共生社会の姿についての講演会に参加することになりました。

 

福知山にも、技能実習生として、日本に働きに来られているベトナムの方が、大勢おられ日本語を教えたりと支援されています。

 

実際、私はベトナムの国のこと、ベトナムの方のことは、何ひとつ知りません。

戦争があった貧しい国というイメージのみです。

 

今日、ベトナムの国の歴史、政治、文化、現代に至るまでのことを教えて頂きました。

ベトナムの方は、何を大事に、どんな国民性があるのかと、いうところでは、『義を重んじる』つまり、人の恩を大事にされています。と、教えてもらいました。

それぞれ、日本、中国、韓国なども、大切にしているところも合わせて紹介して下さいました。

行動規範は、講師さんの視点では「それが効率的か、無駄はないか」と無駄を嫌うことなどを教えてもらいました。

 

私は、ベトナムの方のことが、身近に感じられたように思いました。日本では、考えられない歴史があり、今があるんだな。と感じました。

 

国は違っても、いいところはマネをして、自分の中に取り入れさせてもらったらいいなぁ。と思いました。尊重し合うことが、多文化共生社会なのではと思いました。

 

ベトナムの経済についてのところでは、アメリカは失敗することに慣用であるので、ベトナムの企業を支援された話を聞きました、日本から、出たことがなく、日本の中での常識にとらわれていることがあるのではないかと思いました。

 

誘われないと参加しない私ですが、知ることで自分の視野も広げてもらうきっかけになるのだと思いました。

 

技能実習生の待遇について、問題になっていますが、技能実習生という名前の見方ではなく、同じ人として尊重し、相手の方から学ばせて頂きたいと感じました。

 

 

 

    いよいよ、冬本番ですかね~!?

 

 

DATE:2023年11月26日

祖母孝行

11月の三連休に実家のお祖母ちゃんのお見舞いに、両親と共に3人で愛媛へ行ってきました。

今年のゴールデンウィークに墓参りを兼ねて夫婦でお祖母ちゃんに出会いに行く予定でした。しかし、4月の末に自宅で脳出血を起こし、何とか一命を取り留めたものの、後遺症が残ってしまい寝たきりで会話ができない状態になってしまいました。病院へ面会に行こうにもコロナ禍で出会うこともできませんでしたが、9月に新しい病院へ転院になったことで面会が緩和されました。

 

お祖母ちゃんの命が、いつどうなるか分からないなか、出会いに行きたいと思い、両親が帰省するタイミングに合わせてついていくことしました。

 

面会当日、いつもは寝ていることが多いそうですが、目を開けてくれました。お祖母ちゃんが元気な頃、結婚してお義母さんと同居になる私に、

「堪えるんやで!姑さんにかわいがられる嫁にならないかんのよ。」といつも、私がかわいそうやと涙ながらに心配してくれていました。

お祖母ちゃんはお嫁にきて大変苦労があったのだと思います。

 

そこで、面会の際に私は、「姑さんとは毎日ケンカしながらも仲良くやっとるで、心配せんといてよ。」と声を掛けました。伝わっているかは分かりませんが、口をパクパクと動かしていました。

結婚生活を心配されていることが心残りであったので、直接伝えられたことで私の心のつっかえが取れたように思いました。

 

お祖母ちゃんが心配してくれていたことを改めて思い出し、私も再出発しなければという気持ちがわいてきました。かわいがられる嫁になるべく、お義母さんとの関りも心を入れ替えて行きたいと思います。

 

言葉遣いも、お祖母ちゃんが悲しまないように丁寧にしなければならないなと思っています。

それが祖母孝行に繋がると信じています。

 

一言どうぞ(^-^)

DATE:2023年11月12日

カメムシ大量発生!

数日間、子どもが珍しく高熱が続いています。

 

週末に、青年部でつどいもあり、準備に行かないとと思いながら、動けない今の状況をスタッフに伝えました。教会長さんからも「きっと一生懸命その熱とたたかっているところなのですね。それも仏さまからいただいたプレゼントなのかも。Jくんと一緒の時間を味わいながら考えましょう。」と、声をかけてくださいました。

 

普段は忙しく、子どもとゆっくり過ごすことがないので、これも仏さまからいただいたプレゼントだとしたら、大切な時間を過ごそうと思い、子どもが何か言って来たら、すぐに答えてあげようと思っていました。

 

2階で寝ているので、時々、見に行くのですが。窓を開けて、網戸をしていますが、「部屋の中でカメムシが飛んでる~💦」と呼び出しが。

うちわを持って、いざ出陣!!

カメムシをうちわに乗せて、外へ!

しばらくすると、また呼び出しが・・・。

 

暑いので、「窓を閉めるのもなぁ。また入って来たんかぁ。」と、思いながら対処していました。

 

私は、下の階で久しぶりに掃除をしていました。

「また、カメムシ~!」

と数回目に聞くと、「ちょっと待ってて。ちょっとぐらい飛んでても大丈夫や。」という気持ちがわいてきて、「今日は、子どもが言ったことにすぐに答えてあげよう。」と思ったのに、「自分の都合を優先する私が出てしまった。」と気がつきました。

その後すぐに、カメムシを捕まえに行きました。

 

今年は、カメムシが大量発生しています。カメムシさんから、自分を教えてもらいました。

 

子どもの熱は、下がって来て、ひと安心。青年部のつどいに間に合いました。

今年は、柿がたくさんですね~。

DATE:2023年11月6日
©Rissho Koseikai Fukuchiyama Kyokai. All rights reserved.