ようこそ!立正佼成会福知山教会です!

立正佼成会福知山教会 立正佼成会福知山教会
ブログ(日記)
ブログ(日記)

5月4日|ライブ配信から

開祖さまご命日の日ですね。

 

今日は、本部からライブ配信をして頂きました。今年は団参へ、まだ行けていませんが、本部にお参りをさせて頂いたような気持ちになりました。

家のご宝前の前に携帯をセットして、家族でご供養をさせてもらいました。こんなこともないと、一緒にご供養しないですが。

 

その後、川本時務部長さんのお言葉を頂きました。

『この時に、一人ひとりの安否を聞くだけではなく、新たな縁を結んで繋がって行きましょう。』と教えて下さいました。

 

今だからこそ、相手の方と繋がって深く関係を築いていけるチャンスかも知れないですね。

福知山でも、どこもコロナ対策で閉鎖中です(>_<)ステイホームのなか、便利な携帯で色々な人と繋がっていきたいと思います。

LINE動画など、今までとは違う新たな世界が広がって行って楽しみですね。

 

スマホですが、ちゃんと見れました(^o^)v

 

DATE:2020年5月4日

5月1日|佼成5月号から

教会が、閉鎖中のなか教会長さんから、動画で佼成5月号についてお言葉を頂きました。

そのなかで、『信こそは、我々が安心して生きて行くための最も根底になる心です。そのためには、自分が宇宙の大生命に生かされているのだ。守られているのだ。という信念に徹すること』と教えて下さいました。

 

私は、今コロナウイルスで、今や未来に対して時々不安になったりします。

でも、安心して生きて行くためには、生かされているのだ。守られているのだ。という信じていくことが大事なんだなと思いました。また、この中で、おかげさまをたくさん見て行ける私になりたいなと思いました。

 

次回も、楽しみにしています(^o^)v

DATE:2020年5月1日

マスクで繋がる思い

ある会員さんが、マスクづくりを通して感じたことを話してくださいました。

 

「今、立体型、プリーツ型の頂いた実物大の型紙や動画などを使って作っています。

先日、『光祥さまに今お聞きしたいこと』を見ました。その中で、光祥さまもマスクを手作りされているのを聞きました。マスク作りを通して、光祥さまと思いが繋がっていると感じ、親近感をおぼえてうれしい気持ちになりました。

マスクが不足している今、マスクを必要としている方の事を思い、一枚でも多くのマスクを作っていきたいと思いました。」と教えてくださいました。

 

素敵な思いですね🍀こんなときこそ、皆で力を合わせて、乗り越えて行きたいものです。

自粛中、不安からくるストレスなどで、苦しくなることもありますが、自分のことではなく、人のために動いていくと、温かい気持ちになるんですね🍀

今いるところで、出来ることを頑張るぞ~!

DATE:2020年4月29日

心が暖かくなったひととき

家の片付けをしていると、私の結婚式の時のDVDが出てきました。5才の娘に、以前、見せたことはありましたが、内容は覚えていないようでした。ちょうど、結婚式に興味があり、興奮気味で観ていました。

 

私たち夫婦は、立正佼成会でご縁を結んでもらい、教会で結婚式も挙げて頂きました。

 

教会が映ると娘は、「わぁ~。久しぶりにのんのんさん(教会)が見れて嬉しいわぁ。」と言っていました。教会が閉鎖対応になり、しばらく行けていないせいか、そんな風に思っているんだなと思いました。

 

私は、「のんのんさん(佼成会)のおかげで、パパとママは結婚して、あなたが生まれたんだよ。だから、のんのんさんを大切にしてるんだよ。」と、伝えると「へぇ~そうなんだぁ。」と言っていました。幼い娘に理解できたかどうかは分かりません。でも、伝えていくことで頭の片隅に残ってくれたらいいなと思っています。

 

しばらくして、ふと娘を見るとDVDを観ながら涙ぐんでいました。「えっ⁉何で泣いてるん?」と驚いて聞くと、2年前に他界した祖父が映っているのを観て涙が出たようでした。
「久しぶりに動いてる じぃちゃん見れて、嬉しい…!いっぱい遊んでくれたじぃちゃん、大好きだもん…。」と、涙ぐみながら話してくれました。『父はきっと、空の上から聞いてくれているだろうな…。孫がこんな風に思ってくれていることを、喜んでいるだろうなぁ…。』と、亡き父の満面の笑顔が私の頭に浮かんできました。娘のおかげで、心が暖かくなったひとときとなりました。

 

幼い頃の記憶は、段々薄れていくことが多いようですが、思い出を語ったり、伝えたり、一緒に振り返ることの大切さを改めて感じました。

「結婚式!みんな、笑ってたやん♪」って、描いてくれました♪

DATE:2020年4月28日

私を認めてあげる

ある方が、つぶやきをラインで届けてくれました。

 

私は、毎日、洗面所の鏡を拭いています。なので『キレイやし、汚れてないわぁ~。』と思っていました。でも、よくよく見ると小さな水ハネがついていました。

 

そのことから、『私の心は、鏡と同じだなぁ~。いつもキレイにしているつもりでも、人の縁によって揺れ動く心が出て、汚れてしまう。人と比べたり、自分の価値観で相手を見たりしているなぁ。』とふと、思いました。

 

いつも教えて頂いている“相手の仏性を見ていく”と分かっていても、なかなか見れません。でも、『まずは、見れていない私でも、見ようと努力しようとしている自分なんだなぁ。と自分を認めていってあげよう。』と思いました。

 

と、エピソードを教えて下さいました。

 

「よし!私も水垢を見つけたら、すぐ拭くぞ!」

 

私は、仏性をみれていない自分を、責めてしまいます。でも、みようと努力していると、自分を認めていくことが大切なんですね。自分自身を、自分の思いをもう少し、大切にしていこうと思いました。

教会の花壇

DATE:2020年4月27日
©Rissho Kosei-kai Buddhist Church of Fukuchiyama. All rights reserved.