ようこそ!立正佼成会福知山教会です!

立正佼成会福知山教会 立正佼成会福知山教会
ブログ(日記)
ブログ(日記)

報告 | 寒修行がはじまりました

令和になってはじめての寒修行が、福知山教会でもはじまりました。この修行は、大寒の時期の早朝、法華三部経1巻をみんなで読誦します。19日(日)から28日(火)まで行い、気持ちあらたに節分の節変わりを迎えます。

 

それぞれが、今年一年の目標を立てて10日間を過ごします。

初日には、教会長さんから「寒修行を通して、私たちの心・口・意を清めましょう。そして世界の平和を願うためには、まずは家庭の中の平和が大切。私たちが仏さまのような心を発揮して、家族と触れ合っていきましょう。」と、教えてもらいました。

 

私は今朝、寒修行のために、早朝の4時半に家を出ました。すると、主人も起きて「道も凍っているといけないから、気を付けていってきてね。」と玄関まで見送りをしてくれました。主人は私を送り出すときには、いつもそうしてくれます。こんな早い朝まで…私は、ありがたいことだなぁ~と思わず深々と頭を下げ、お礼を言いました。

 

でも、ふだんはこんな優しい主人に、私は偉そうな態度をとってしまいます。

家庭の中の平和の実践が大切と、日ごろからも教会長さんに教えていただいています。あらためて、私の心や言葉、気持ちを清めて、一日一日を丁寧に過ごしていこう!と決意した初日になりました。

朝は眠いし…布団から出るのが戦いです!

DATE:2020年1月20日

報告|丹後支部ご命日

毎月19日は丹後支部のご命日。この19日は、丹後の法座所に、ご本尊さまを安置した大切な日です。
新しい教会長さんを迎えて、初めてのご命日。みんな、この日をワクワク楽しみにしていました。

 

ご供養をして頂いてから、今回は丹後支部のゆかいなメンバーの紹介を兼ねた法座がありました。

 

その中で、丹後支部の誕生秘話や、福知山教会が日本一ちいさな教会だった頃の話になりました。

 

法座所がない頃は、ある方の自宅を拠点に、今では考えられないほどの遠い距離を自転車や徒歩で、信者さんの家を回られていたそうです。

・・・すごいです!!

こうした、たくさんの先輩方のおかげさまで、今の丹後支部があるのだなぁ~と改めて感じました。

 

法座のあとは、みんなで料理上手なおばちゃん特製の美味しいおでんをいただきました。

 

心も身体もぽかぽかな一日になりました。

冬には、やっぱりこれが一番(*^^*)

DATE:2020年1月12日

報告|一食ユニセフ募金

皆さまのご支援のおかげで、沢山の子どもたちにワクチン接種をすることができたり、重度の栄養不良の子どもたちは、治療を受けることができています。また、安全な水を利用することが可能になり、赤痢などの病気にかかる人が、少しずつ減ってきているそうです。

 

今年も、福知山教会ではユニセフ募金や一食募金の活動を行いました。

 

◇福知山教会(2019年度総額)

一食ユニセフ募金 | 680,222円

 

◇全国の教会総計(2019年度 総額)

一食ユニセフ募金 | 4748万9604円

 

会員の皆さまのあたたかい真心をありがとうございました。今後もこの活動を続けていきたいと思っています。

 

一日も早く世界中のお母さんや子どもたちに明るい未来が訪れますように…

 

コツコツ続けていきましょう~

DATE:2019年12月10日

報告|第5回ひだまり第二課程

11月21日に、大阪より教務員さんをお迎えして、ひだまりの研修5回目をしていただきました。

今回のテーマは、素敵な女性を生きるには…です。「素敵」という言葉は、敵がいない事だそうです。いつも周りには、敵がいない方がいいですよね(^^)!2時間みっちり、教えていただきました。

 

【みなさんの感想】
・たくさんポイントがありました。私の思い方一つで、周りに与える影響が大きいんだ…と実感。家事を嫌々、仕方なくやっている私でした。これからは、楽しんでやろう~と心新な気持ちです。

・勉強の後、お椀を「ありがとう」といいながら、拭いてみました。日々の生活におわれ、感謝の気持ちを忘れがちです。ひとつひとつ感謝の気持ちでさせてもらおうと思います。

 

次の日、学んだことをみなさんの前で、報告しました。

支部長さんより「これから一つでも、学んだことをやり続けてみてくださいね。何か見えてくるものがありますよ。」と教えていただきました。一ヶ月後が楽しみです

紅葉は、今が見ごろです(^^♪

DATE:2019年11月27日

報告 | 第4回 家庭教育講演会(報告)

11月3日、教会の道場で家庭教育講演会(一般公開)が開催されました。当日は103名の参加者がありました。講師さんより、子どもの年代別に、具体的な関わり方を教えていただきました。幼児期、小学生期、中学生期…心や身体の成長に伴い、親も応対を変える必要があるんですね。

 

◇参加者の声(感想)
・うちは子どもに対して、主人が優しく、私の方が厳しく接しています。講師さんからの「小学生期は、お父さんの厳しさ・お母さんの優しさが大切。でも、夫婦でバランスをとったら、大丈夫ですよ。」という言葉に、安心しました。

 

・私は、産後、孤独を感じて布団の中で、一人で泣いた日もありました。講師さんより「産後はホルモンのバランスが崩れて、落ち込んだりします。」と聞きました。もっと早くこの事を知っていれば、動揺しなくてすんだのになぁ。この学びをたくさんのママさんに知ってもらいたいです。

 

・講師さんより「子育ての悩みを仲間と分かち合うことが、何より大切。」と教えてもらいました。孤育てにならないように、みんなで声をかけあうのが大切ですね。日々いろんな事を話せるこの教会が有難い、と改めて感じました。

 

いつでも、私たちの教会では子育ての仲間が、あなたを待っています~(*^^*)/

 

きれいなお花を生けていただきました♪

DATE:2019年11月7日
©Rissho Kosei-kai Buddhist Church of Fukuchiyama. All rights reserved.