ようこそ!立正佼成会福知山教会です!

立正佼成会福知山教会 立正佼成会福知山教会
ブログ(日記)
ブログ(日記)

報告|一食ユニセフ募金

皆さまのご支援のおかげで、沢山の子どもたちにワクチン接種をすることができたり、重度の栄養不良の子どもたちは、治療を受けることができています。また、安全な水を利用することが可能になり、赤痢などの病気にかかる人が、少しずつ減ってきているそうです。

 

今年も、福知山教会ではユニセフ募金や一食募金の活動を行いました。

 

◇福知山教会(2019年度総額)

一食ユニセフ募金 | 680,222円

 

◇全国の教会総計(2019年度 総額)

一食ユニセフ募金 | 4748万9604円

 

会員の皆さまのあたたかい真心をありがとうございました。今後もこの活動を続けていきたいと思っています。

 

一日も早く世界中のお母さんや子どもたちに明るい未来が訪れますように…

 

コツコツ続けていきましょう~

DATE:2019年12月10日

報告|第5回ひだまり第二課程

11月21日に、大阪より教務員さんをお迎えして、ひだまりの研修5回目をしていただきました。

今回のテーマは、素敵な女性を生きるには…です。「素敵」という言葉は、敵がいない事だそうです。いつも周りには、敵がいない方がいいですよね(^^)!2時間みっちり、教えていただきました。

 

【みなさんの感想】
・たくさんポイントがありました。私の思い方一つで、周りに与える影響が大きいんだ…と実感。家事を嫌々、仕方なくやっている私でした。これからは、楽しんでやろう~と心新な気持ちです。

・勉強の後、お椀を「ありがとう」といいながら、拭いてみました。日々の生活におわれ、感謝の気持ちを忘れがちです。ひとつひとつ感謝の気持ちでさせてもらおうと思います。

 

次の日、学んだことをみなさんの前で、報告しました。

支部長さんより「これから一つでも、学んだことをやり続けてみてくださいね。何か見えてくるものがありますよ。」と教えていただきました。一ヶ月後が楽しみです

紅葉は、今が見ごろです(^^♪

DATE:2019年11月27日

報告 | 第4回 家庭教育講演会(報告)

11月3日、教会の道場で家庭教育講演会(一般公開)が開催されました。当日は103名の参加者がありました。講師さんより、子どもの年代別に、具体的な関わり方を教えていただきました。幼児期、小学生期、中学生期…心や身体の成長に伴い、親も応対を変える必要があるんですね。

 

◇参加者の声(感想)
・うちは子どもに対して、主人が優しく、私の方が厳しく接しています。講師さんからの「小学生期は、お父さんの厳しさ・お母さんの優しさが大切。でも、夫婦でバランスをとったら、大丈夫ですよ。」という言葉に、安心しました。

 

・私は、産後、孤独を感じて布団の中で、一人で泣いた日もありました。講師さんより「産後はホルモンのバランスが崩れて、落ち込んだりします。」と聞きました。もっと早くこの事を知っていれば、動揺しなくてすんだのになぁ。この学びをたくさんのママさんに知ってもらいたいです。

 

・講師さんより「子育ての悩みを仲間と分かち合うことが、何より大切。」と教えてもらいました。孤育てにならないように、みんなで声をかけあうのが大切ですね。日々いろんな事を話せるこの教会が有難い、と改めて感じました。

 

いつでも、私たちの教会では子育ての仲間が、あなたを待っています~(*^^*)/

 

きれいなお花を生けていただきました♪

DATE:2019年11月7日

報告|新宗連で発表させてもらいました

10月24日(木)新宗連京都府協議会の学習会で、福知山教会が発表の機会をいただきました。

 

入会・人材育成・新しい布教の展開3つのテーマを映像をまじえながら、発表しました。ママさん達5人に協力してもらい、ビデオ出演してもらいました。そして、共育部からは、4人で体験発表。みんな緊張感いっぱいで、ガチガチでしたが、温かく聞いていただき、なんとか終わることができました(*^^*)

午後からは、他教団の方との交流で、それぞれの入会のきっかけ、活動をして感じたこと、今思うことなどを話し合いました。

 

(話し合いの感想)

・話し合いに参加して、どの教団でも親身に話を聞いてくれたり、断っても声をかけ続けてくれたことが、安心となって入会されることにつながるんだなぁと思いました。

・宗教をしている人が、明るく優しく温かい姿で、周りの人に触れ合うことが大切だと思いました。その姿を見てもらうことで、宗教にもたれがちな悪いイメージを取り払らうことができると思います。

 

それぞれにたくさんの学びや元気をいただいて、福知山へ帰ってきました。今回は貴重な機会をいただきまして、本当に有難うございました。

 

 

 

DATE:2019年10月27日

報告 | やくしん研修を受けて

先日、教会で月刊機関紙を使った「やくしん」研修がありました。今回は、「文書のもつ力」を学ばせてもらいました。

 

今回の講師であるK支部長さんは、研修の最後にご自身の入会のきっかけを話して下さいました。

 

その当時、ご自分のお子さんが入院された時、偶然、同じ住宅に住んでいた方のお子さんも、同じところに入院することになりました。そこで、すっかり仲良くなったある日のこと、その方から突然、「佼成」の本を渡されたそうです。

 

その支部長さんは、「えっ?宗教の勧誘か??それは無理やし…」と心が叫んだそうです。そして、きっぱりと、宗教をお断りしたようです。

 

しかし、その後で、その方が置いてくれた「佼成」をパラパラとめくると…自分と同じような体験をしたお母さんの記事が目に止まりました。今まで自分だけが辛いと思っていたけど、他にもこんな辛い思いをしてる方がいるんだ…と、今まで自分にしか目を向けれれない私でしたが、初めて他の方に心が向けられて、涙が出てきました。

 

その後、いろんなご縁もつながり、その支部長さんは入会されたそうです。

 

「文書のもつ力」ってすごいですね。私たちも、少しでも読者の方が幸せになりますように…と願いをこめながら、このHPの記事を書いていきたいと思います(^ ^)!

 

栗がいっぱいとれてます~秋本番ですね♪

DATE:2019年10月17日
©Rissho Kosei-kai Buddhist Church of Fukuchiyama. All rights reserved.