ようこそ!立正佼成会福知山教会です!

立正佼成会福知山教会 立正佼成会福知山教会
お知らせ
お知らせ

教育 | 夫婦とは深い出会い?

連休が明けた5月9日、大阪より教務員さんが来てくださり「ひだまり講座(第二課程)」を開催しました。集まったのは、子育て真っ最中のママさん達。今日の勉強のテーマは、「夫と素敵なパートナーになるには…」です。

 

私は、夫と結婚して10年になりますが、大きな争いもなく、なかよく暮らしています。夫は家族のために、忙しく働いてくれています。感謝しているのですが、当たり前のように過ごす毎日。特別な日以外、改めて感謝の気持ちを口に出して、あまり言っていませんでした。

 

今回の勉強で、『夫婦は宿命。深い因縁によって一緒になっている…宝くじがあたるよりもすごいこと。』と教えてもらいました。夫となんとなく出会って、好きになって一緒になったように思っていました。でも、深いつながりがあって、出会っているのだと思うと、なんとも…夫が愛おしくなりました。当たり前に思っていた日々の生活は、とても尊いものなんですね。家族にもっと思いやりの気持ちをかけていこう!と感じました。

 

夫婦のあり方の基本は?と教えていただいた言葉、「愛されるよりも、愛すること」「与えられるより与えることを喜びにする」を大切にし、人のことを思いやることができるようになりたいです。そのためにも、一番近くの家族に実践ですね。お勉強、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

DATE:2019年5月14日

報告|初代教会長さんご来福!

4月21日(日)はるばる福知山教会へ初代教会長の浜渦顧問さんにお越し下さいました。教会では大法座、まとい行進披露、食事会とあり、110名貴以上のご参拝を頂き、皆さんで貴重な時間を過ごすことができて感謝でした。ありがとうございました。

 

大法座のお話では、教会が発足した当初は日本一小さい教会と言われていて、その当時の様子や、教会道場の建設時のことを振り返ってお話をして下さいました。私たちは日頃、当たり前のように広い教会を使用させてもらっていますが、たくさんの願い多くの方の支えがあったことに改めて感謝させて頂く機会となりました。

 

また、お話のなかの一つに「相手は、自分の鏡だと思って接していくと、自分のことがよく分かりますよ。」と教えて頂きました。

 

あまり、考えてもいないし、そういう見方をしていないなと思いました。自分のことを知っているようで、全然分かっていないところばかりです。これから相手の方から教えて頂こうと思います。

 

 

DATE:2019年4月22日

報告|福知山お城まつり1日目

今日は春の暖かさに恵まれ、第32回福知山お城まつりパレードが開催されました。福知山教会からは84名の方が参加いたしました。

参加団体としては2番目に大きいグループでした。

 

参加者の中には、福知山のお城まつりを見るのもはじめて、踊りもはじめて知って練習した人もおられました。

子どもたちは、一番前の列に並ばせてもらいました。帰ってきてから、娘たちは「恥ずかしかったけど、うれしかった!」「来年も、踊りたいなあ~」と楽しかった様子を聞かせてくれました。

 

また、2020年はNHK大河ドラマ『麒麟が来る』(明智光秀が主人公)が決定されています。観光事業がますます盛り上がることをに期待しています。

 

今日はどんな夢をみるのかな?

       

DATE:2019年4月14日

報告|まずは勇気ある一歩を!

会員教育Ⅲの勉強会を大阪普門館で4月11日(木)~4月13日(土)まで実施されました。近畿の教会から26名の参加者が集いました。福知山教会からは4名が参加です。研修内容は、法華三部経一巻のご解釈を通して、具体的な生活実践を学ぶ場です。

 

今回、とても良い学びになりました。私の勇気ある一歩から、日々の生活から離れてみると、家族、主人や子供達、お姑さんへの感謝が深く見てきました。また、私の所属する福知山教会での学びや具体的な実践がよくわかり、その有り難さも見えてきました。

 

この研修の期間に家を空けている間、ずっと守ってくれてた家族に感謝の気持ちで一杯です。

たまには、自分の枠から離れて一歩出る勇気も大切ですね(^o^)

 

朝だよ~!遅刻するから早く起きて~!!

 

DATE:2019年4月13日

報告 | 素直な心に気づけば

4月1日 Aさんが体験されたことをお話してくださいました。

 

Aさんは結婚して義理のお母さんと一緒に生活して9年目。家の中で、お姑さんとあまり会話せず、お姑さんの態度が気になってしかたがありません。日々、その関係をずっと悩んでおられました。

 

でも、教えを学ぶ中でAさんの大きな気づきだったは、その悩みは「お互いの気持ちをわかり合いたい」という思いからだったと気づかれ、そんな素直な心に従うことの大切さの発表でした。

 

教会長さんからは『そのお姑さんが会話をしない、冷たい相手だと固定観念で見ていると「苦」ですね。でも、その「苦」の原因は無常だから実体がないのですよ。』と、教えてくださいました。

 

その発表の後、現在、Aさんの家の中の様子は… 自分の素直な心のままでお姑さんと会話ができるようになり、家の中も明るい雰囲気になりましたと報告を頂きました。私の頑固な心が溶けて本当の素直な心で接しられたら、こんなにも身近な人間関係が変わるものなんですね。

 

 

※またご命日当日は、教会内で子ども達が募金をおこない、総額  20579円になりました。後日、一食ユニセフ募金へ送金いたします。

ご協力ありがとうございました。

 

福知山はサクラの花も満開です~(^^♪

DATE:2019年4月10日
©Rissho Koseikai Fukuchiyama Kyokai. All rights reserved.