ようこそ!立正佼成会福知山教会です!

立正佼成会福知山教会 立正佼成会福知山教会
ブログ(日記)
ブログ(日記)

コロナ禍で得たもの

小学6年生の次男のことです。

産まれた時から反抗期、とても気難しい次男?この6年間、何度学校へ足を運び何度頭を下げたか‥。一年程前、このまま中学生になることに不安しかなく、焦りでいっぱいだった私。
だからといって、どうすればいいか分からずにいました。

 

そんな中、突然の休校‥。
あまり大きな声では言えませんが、休校中、我が子が学校と変わらないくらいの時間を過ごしていたのは、私の従妹の所でした。

 

従妹には、小学2年生の長男と当時2歳の長女がいます。

うちの長男、次男、長女の5人はほとんど毎日一緒に過ごしていました。
その2歳の子がうちの次男にべったり。『◯◯兄ちゃんが一番好き』この言葉が、次男の人生を変えたと言っても過言ではないと思います。
自分に自信がなく、特にお兄ちゃんへの劣等感を強く感じていた次男。お兄ちゃんではなく、自分のことが一番と言ってくれたあの子の心を、満たしてくれたんだと思います。

 

つい先日、この一年を思い返していました。
最後の運動会も、楽しみにしていた親子キャンプもコロナのため中止。卒業式もどうなるか‥

 

でも、今の次男なら私は、安心して中学へ送り出せます。

まさかコロナ禍の中で、こんな大きな功徳を頂けるとは思いませんでした。
そして、人の心を突き動かすのは、綺麗に並べた言葉ではなく、案外何気ない一言なのかもしれないなと小さな菩薩に教えてもらいました。

DATE:2021年1月24日

父の祥月命日

1月13日は私の父親の祥月命日。
ご供養をしながら、「娘の事が心配だ」と最後の最後まで私の事を心配してくれていた父親の事を思い出しました。
再婚をしてからも、うまくやって行けるだろうかとずっと心配ばかりかけていた私。

どうしたら父親に安心してもらえるかな‥ご供養中考えていました。
家族皆が仲良く笑顔で暮らす事!人に喜んでもらえる私になる事!

 

「お父さん!家族みんな仲良く暮らしています。心配しなくて大丈夫だよ。」

 

ご命日のたびに父親の事を思い出し、今の自分を見つめる機会がもてることがとても嬉しく思いました。
きっとお父さんも喜んでくれるよね。
これからも天国から見守っててね。

DATE:2021年1月23日

昨年のクリスマスプレゼント

毎年クリスマスは、祖父母の家でします。父と母がケーキを用意してくれ、料理を一緒に作ります。

料理が出来上がり、皆で食べ始めようとした頃です。母から「最初で最後だからね…」と綺麗な模様の封筒を渡されました。
「ん?何です?この封筒…」と言いながら中をみると、現金が入っていてビックリ!!
母は、「今しかあげられないし、思ったより余裕があったから…それで、ステキなカバンでも買ってください!」と照れながら言ってくれました。
「お父さんの通院で、入用な時にいいの?T君、えんだろか?」
と思わず、夫に聞いてしまいました。夫は、「君も頑張ったんだから、もらったらええやん?」とにこやかに言ってくれました。

 

突然の贈り物に、涙がこぼれ落ちました。お金をプレゼントしてもらったことも嬉しかったのですが、何より父と母から、嫁として認めてもらえたような気がして、グッと込み上げてくるものがありました。
最高の贈り物です。お父さん、お母さんありがとう。これからも元気でいてください。

DATE:2021年1月21日

朝の立ち当番で・・・

学校が始まり、朝の立ち当番が回って来ました。同じ町内の方とペアでした。

 

時間に行くと、その方は来られませんでした。私は、自分の役を務めるだけと思い直しました。「おはようございます。」と返してくれても、返してくれなくても子どもたちとのふれあいに、「やっぱり、挨拶をすると私が嬉しい気持ちにならせてもらえるなぁ。」と感じました。立っている所では、シルバーの方もおられ、短い時間でしたが、子どもの頃の苦労した話を聞かせて下さいました。

 

 

帰り道、立ち当番は年に数回で、子ども達やシルバーの方との出会いがないので、一瞬一瞬が大切だな。相手の方が喜んでくれるふれあいは出来たかな。と思って帰りました。また、もう一人の当番の方は、最後まで来られませんでした。その方は、来られなくても、日誌を持っておられるので、私はちゃんとさせてもらったから、書いてもらいたいな。と思う気持ちがムクムクとおきる私でした。

 

今月の佼成の会長先生のご法話の中に、宮沢賢治の詞が出て来たのを思い出しました。私もミンナニデクノボートヨバレ/ホメラレモセズ・・・になりたい。と思っていたのに。

 

支部長さんに聞いてもらうと、「良い体験をしましたね。色んな人と縁になると色んな自分に出会えます。」と教えてくれました。

 

色んな自分に出会えることがワクワクしてきました。

今年も即是道場でがんばります(^o^)

 

DATE:2021年1月17日

あけましておめでとうございます

新たな年になり新たな気持ちで皆さま新年をお迎えのことと存じます。

 

世の中はコロナ渦で、変化の連続ですが、心はいつも穏やかに過ごしていきたいものですね。

 

『この1年、家族の絆、サンガの絆を深めることを通して、互いに助け合いながら、目の前の困難な状況を乗りこえてまいりたいものであります。』(会長先生 年頭法話 佼成新聞から)

 

今年も、みなさんの善き縁となれますように。

私たちも、日々精進いたします。

幸せいっぱいの一年となりますように。。

 

今年も、よろしくお願い致します(^o^)

 

DATE:2021年1月1日
. .
©Rissho Kosei-kai Buddhist Church of Fukuchiyama. All rights reserved.