ようこそ!立正佼成会福知山教会です!

立正佼成会福知山教会 立正佼成会福知山教会
ブログ(日記)
ブログ(日記)

トイレの鏡がリニューアルしました!

気がつけばもうすぐ楽しいクリスマス☆
今年は暖冬になるようですが、ホワイトクリスマスになるでしょうか?

 

だんだんと寒くなるとトイレに行く機会が増えすよね~。

 

なんと、福知山教会のトイレの鏡がリニューアルしました。鏡の面に何やらスイッチが…!(^^)!
LEDの照明が付き、トイレが明るくなりましたよ~。

さらに曇り止めもついているんです。
ぜひ、みなさんご利用くださいね!

 

そして年末には大掃除ですね♪
福のかみさまがきてくれるように頑張りましょう!

 

きれいに、うつってるかなぁ(^^♪

DATE:2019年12月14日

お知らせ|すこやか保険のご案内

今年もまた、すこやか保険の申し込み期間がやってまいりました。

この保険は会員同士の助け合い、団体保険です。

 

福知山教会では、たくさんの会員さんがこの保険に入っていたことで、経済的な支援を受けることができました。会員さんだけが入れるこの保険は、病気やケガ、傷害、介護などをカバーしてくれます。

 

周りでご検討されている方に、ぜひお勧めください。

またご質問などありましたら、教会までお気軽にお問い合わせくださいね。

 

加入締切日 令和2年1月31日(金)

 

 

 

DATE:2019年12月12日

報告|一食ユニセフ募金

皆さまのご支援のおかげで、沢山の子どもたちにワクチン接種をすることができたり、重度の栄養不良の子どもたちは、治療を受けることができています。また、安全な水を利用することが可能になり、赤痢などの病気にかかる人が、少しずつ減ってきているそうです。

 

今年も、福知山教会ではユニセフ募金や一食募金の活動を行いました。

 

◇福知山教会(2019年度総額)

一食ユニセフ募金 | 680,222円

 

◇全国の教会総計(2019年度 総額)

一食ユニセフ募金 | 4748万9604円

 

会員の皆さまのあたたかい真心をありがとうございました。今後もこの活動を続けていきたいと思っています。

 

一日も早く世界中のお母さんや子どもたちに明るい未来が訪れますように…

 

コツコツ続けていきましょう~

DATE:2019年12月10日

子育て | なんと健気な子ども!

水子供養を終えてある時、本を読んでいて気になる記事を見つけました。

 

子どもは自ら親を選んで生まれてくるそうです。

何のために親を選ぶのかと言えば、自分が生まれる事で、両親に幸せを感じてもらうため、また、人の役に立つために生まれてくるのだそうです。

 

虐待をする親を、子どもが選ぶのか?と言えば答えは「イエス」。。でも、虐待されるために生まれたのではなく、虐待をしなければならないほど、辛い人生を送ってきた親を自分が生まれることで「幸せにするんだ!」とその親を選んでくるんだそうです…なんと健気…

 

この事を知って育児するのと、知らずに育児するのとでは、接し方が大きく変わってくるなぁと感じました。

我が子も私を選んで生まれてきてくれてありがとう‼️と、その時は思いました。

 

でもやっぱり、日常生活に追われ、子供の言動に振り回されイライラ。。そんな自分に腹が立ち、そして反省する私…。

 

そんな自分も認めながら、穏やかに育児できる時間を増やしていけたら良いなあ~と思いました。

 

みなさん、冬支度はすみましたか?

DATE:2019年12月8日

報告|就任式がおわりました。

12月4日(火)吐く息が白いほど、寒い朝でした。

新しい教会長さんが来られる時間には、青空も見え、とても良い日になりました。

教会長さんのお名前は、中野 惠津子教会長さんです。

 

色々なお話を、たくさん聞かせていただきました。

教会長さんは、大きな事故を経験する中で、生かされている命なんだと、実感されました。そして、元気になられてからは、様々なことを乗り超えて、精一杯精進して来られたそうです。

 

私は、”生かされている命(いのち)“という言葉に、ハッとしました。私には、それほど大きな命に関わる経験はありません。教会では、いつも一番大切な命の使い方を教えてもらっているのに「忘れてたな…」と気がつきました。

 

日常に追われ、あの人のここが引っ掛かる、あそこが気にかかるなど思い、小さなことにとらわれていました。

今日から改めて、「生かされている」と感謝の心を持ちながら、人と接していきたいです!

 

継続は力なり…がんばります!

 

DATE:2019年12月6日
©Rissho Kosei-kai Buddhist Church of Fukuchiyama. All rights reserved.