ようこそ!立正佼成会福知山教会です!

立正佼成会福知山教会 立正佼成会福知山教会
お知らせ
お知らせ

報告 | 沢知恵さんピアノ弾き語りコンサート

6月1日、福知山宗教者懇話会主催の沢知恵さん ピアノ弾き語りコンサートが開催されました。当日は、大勢のお客さまでホールは満席(約360名)でした。

 

日本語、英語、韓国語を自由にお話できる沢さん。美しく、力強く、心に響く歌声はもちろんのこと、素直で情熱的なお人柄は、魅力にあふれていました。時には音楽にのせながら、楽しくご自身のことを紹介してくださったり、そのステージにあっという間に引き込まれてしまいました。

 

長年にわたり、ハンセン病の患者さんに寄り添いつづけ、何ができるかを考え活動されたお話には、心がうたれました。弱者の心を察し、ともに関わりつづける姿。

信仰者としてのお手本を見せていただいたような気がします。

 

沢さんの生き方、なによりも美しい歌声に、私たちは感動と元気をいただきました。

今日一日、それぞれの宗教者が集まり、ともに信仰の大切さを深く感じることのできる時間をもてたことを、心より感謝いたします。沢さん、はるばる福知山までお越しいただき、本当にありがとうございました。

 

大ファンになりました♥

DATE:2019年6月4日

報告 | 室内用の杖ができました。

会員さんの息子さんは、大工をしています。近所で杖をついている方を見かけて、教会の中で使う杖を作ろう、と思い立ってくれました。

 

とっても触りごごちもよくて、軽い杖が完成。早速、会員のKさんが使ってみると…

「すごく歩きやすいです。今まで、外で使っている杖を、教会のじゅうたんの上で使うのに抵抗があって。これから使わせてもらいます。ありがとうございます。」

と喜んでおられました。

 

いつもの当たり前から、少し角度を変えてみると、困っている人の気持ちが見えてきます。気が付いたら、その優しさを行動に移す。そうすると、喜びの輪が広がっていくんだなあ、と大工さんの行為から、教えてもらいました。

 

DATE:2019年6月1日

法座 |トイレ掃除を素手で!!

昨年末、ひだまり第二課程で「トイレ掃除を素手ですると良いですよ」と教えてもらいました。私は、前にもそのような話を聞いていました。でも、義母とも同居をしているし、素手で、となると…とても勇気がいることでした。

 

それでも、トイレ掃除をがんばってみました。すると、良いことが次々と起こるようになって。。思わずうれしくなって、支部長さんに法座で「こんな良いことがありました。これはトイレ掃除のおかげです!」と報告しました。

 

すると、支部長さんは「そんな!積んだ徳分(ポイント)をすぐ使ったら、もったいない。いざという時のために、その積んだ徳は取っておくんですよ。」と教えてくれました。

 

私は「それもそうだな」と思い、それからは良いことが起こるように!と期待せず、無心になって毎日トイレ掃除を続けています。

 

そんなある時、家のトイレには、小さい子どもがいるせいか、毎日汚れが目立つようになりました。今までも、そうだったのかな…と思うと、とても怖い(>_<)です。でも、今まで見えなかったことが見えるようになったことに小さな喜びも同時に湧いてきました。

 

うちの自慢は「きれいなトイレ」です!

そして、家族の中で交わされる会話の中にも、小さな喜びがよく見えてきて、とても幸せです。

DATE:2019年5月28日

報告 | 第3回 根本義セミナー

5月25日(土)に、根本義セミナーを受講しました。今回は三法印を学びました。

 

三法印って??仏教の教えで、「諸行無常」「諸行無我」「涅槃寂静」の3つのことをいいます。それぞれ、学びがありましたが、その中の一つをご紹介しましょう♪

 

「諸法無我」は、「この世の中のすべての物事は、必ず他のものとつながりがあるもの。つながりがなく、孤立しているものはない」という意味です。私たちは、家庭はもちろん地域や職場、広い目でみると、国や世界までつながっています。

 

普段は、そこまで考える機会はないですよね。『「みんながつながっている」から、私が成長すれば、周りも成長する。私が怠けたら、周りにも影響してしまうんですよ。』と教えてもらいました。

 

だから、私が家の中でガミガミと、子どもたちに叱ると、子どもたちの表情は曇ります。もし反対に、笑顔でいれば、子どもたちもニコニコ顔。お母さんの影響ってすごいなあ~と、ここでもよくわかりました。

 

まずは、家庭からより良い関係を築いていけるように、自分を磨いて努力していきたいと思いました。

 

暑い夏がもう来ましたね〜(*_*)

DATE:2019年5月27日

報告|すべてを出しきれば

4月8日(月 )お釈迦さまのお誕生日の降誕会の式典のことです。その中で、自分のありのままをみんなの前で発表をさせてもらいました。

 

今まで、誰にも両親にも言ったことのない、小さいころからの悲しかった、辛かった気持ちを勇気を出して話しました。周りに自信がない私だということも知られたくありませんでした。

 

教会長さんからは、「お経にはサンゲとあり、その意味は、すべてさらけ出すということです。」と教えてもらいました。また、「今までの生い立ちも、自分の成長・向上のためにすべて意味があったんですよ。そのおかげで、今の幸せにつながっているんですよ。」と教えてもらいました。

 

私のこれまでの歩みは、すべて必要だったこと、やっと納得させてもらいました。そして、自分の洗いざらいを全部話したことで、もう逃げ隠れ出来ません。でも、心はスッキリして、ダメな私だと思っていたことも素直に認めることが出来ました。

 

お陰さまで、今ではダメな私だと落ち込まなくなっている自分に気づかされます。

 

心を聞かせてくれる場所があったこと、とてもありがたいです。

 

 ママ~!かき氷食べたい~!! えっ!?

DATE:2019年5月20日
©Rissho Koseikai Fukuchiyama Kyokai. All rights reserved.