ようこそ!立正佼成会福知山教会です!

立正佼成会福知山教会 立正佼成会福知山教会
ブログ(日記)
ブログ(日記)

交換日記

小学3年生になった娘はミニバスケットボールチームに所属しています。
そのチームには、試合のことでも練習のことでも、思ったこと感じたことを書くノートが配られています。書いたらコーチに提出し、コーチからお返事を頂くという‥言わば交換日記❗️

先日、その交換日記を盗み見しました 笑笑
そしてその内容にとてもホッコリしました。

 

初めて書いた日記には
『今日はドリブルもシュートも出来たから嬉しかったです。次はパスもドリブルもシュートも頑張りたいです。
コーチいつも私たちの練習を教えてくれてありがとうございます。』

2回目の日記には
前後は省略しますが、
『コーチいつも私たちの練習や試合忙しい中教えてくれてありがとうございます。コーチのおかげで試合も練習も出来て、とても嬉しいです。』

と全て平仮名で書いてありました 笑笑

丁寧にお返事を書いて下さるコーチにも感謝で、そんなことを思える心が育っている娘にも感動しました。

 

普段はお口も達者になってきたり、かと思えば甘えてきたり‥イライラすることもありますが、こういう一面を知ると感心させられます。
愛おしく思ったり、素敵って思ったり、めんどくさ〜って思ったり‥色んな気持ちをぐるぐるまわりながら子どものおかげさまで成長させていただいています。

 

DATE:2021年4月29日

卒業しました🎓

このブログにも度々登場していた次男。支部の法座、教会の法座、婦人部の法座‥全てに登場していた次男。
本当に悩みに悩みました。
育てていく自信さえ失いました。
でもそれは、あの子の深い優しさを私が理解出来なかった、それだけでした。

 

そんな次男が先月小学校を卒業しました。
卒業式のあと、学活の中で手紙をくれました。
本人の承諾を得たので手紙を載せさせて頂きます。

 

父ちゃん、母ちゃんへ
いよいよ小学校を卒業するよ。だから、今まで育ててくれた父ちゃん母ちゃんに手紙を書きました。
母ちゃん、小さいころ、よく人との関わり方やぼくの良いところをたくさん話してくれたね。ぼくはそんな母ちゃんの話が大好きでした。
小学校に入学したばかりのときは、きんちょうしたし、トラブルもたくさんあって、もう学校に行きたくないと思ったときも、いっしょに考えてくれたり、はげましてくれたりしてありがとう。今でも学校で困ったときは、アドバイスをしてくれてありがとう。ぼくはそんな母ちゃんが大好きだよ。これからも、めいわくをかけるかもしれないけどよろしく。働きすぎて体をこわさないように、ぼくも手伝うからずっと元気でいてね。

〜父ちゃんへのメッセージ〜

ぼくは、これから中学生になるから、父ちゃんが言ってくれたように楽しんで、母ちゃんが言ってくれたように、自分には良いところがあると自信をもって過ごします。これからもよろしくね。
◯◯より

 

悩んで良かった。苦しんで良かった。逃げなくて良かった。
こちらこそありがとう。
卒業式の余韻に浸り過ぎてしまい、明日はもう中学校の入学式です 笑笑
きっとまたこのブログにも登場しますので‥乞うご期待!笑

DATE:2021年4月14日

一食募金

何気なく6歳の娘とテレビを見ていたときのエピソードです。

 

たまたま、ユニセフのCMが流れているのを見た娘が、「ねぇ、何であの子は泣いてるん?」と尋ねてきました。

テレビ画面には、紛争の中、両親や家族は命を奪われ、幼い妹を抱いて必死で逃げてきた女の子が涙ながらに話をしている姿が映っていました。

「戦争って言って、色んな国の人同士でけんかになったり、爆弾や銃で、たくさんの人が亡くなってるんやで…。この女の子も、お父さんも、お母さんも殺されちゃったんだって…だから妹と二人で必死にここまで逃げてきたんだって。」と説明しました。

 

私は娘に、何度か一食募金の説明はしていました。
その時、机に置いていた一食募金のオレンジ色の箱が、私の目に飛び込んできました。「この箱にママがいつもお金入れてるやろ?このお金が、あの女の子達の国に届いて、食べ物や、薬を買う為のお金になって、たくさんの命が助けてあげられるんやで。だから、ママはいつもこの箱にお金を入れてるんだよ。」と、話しました。

 

すると娘は、自分のお財布を取ってきて、一食の箱にチャリンチャリン…と何枚も何枚もお金を入れ始めました。
日頃お手伝いを頑張って、コツコツ貯めていた数少ないお小遣いです。

つい私は「そんなに入れたらお小遣いなくなっちゃうけどいいの?💦」と聞くと、
「あっ!そっか!箱からちょっと返してもらおうかな…」と一瞬迷ったようでしたが、
「でも、そんなことしたら命が助けられへんやん!あかんやん!」と…!!

「凄いなぁ〜!たしかにそうやね〜。」と、娘の人を思うあたたかい気持ちがとても嬉しかったです。

 

偶然にも、今日は1日!!
一食の実践をさせて頂く日だったことに気付き、またもやびっくりでした(笑)

娘を見習って私も、大好きなおやつを我慢して、一食募金の箱にお金を入れさせて頂きました😊

どうか、争いがなくなりますように…
平和な世界が訪れますように…
一人でも多くの命が救われますように…そう願いを込めながら🙏

 

一食募金を通して、今私にできることを精一杯させて頂こうと思いました。

DATE:2021年4月8日

入学・卒業祈願

3月13日(土)に、新一年生になる息子は、入学・卒業祈願をしてもらいました。

息子は、どこにでもいる元気で、明るい子ですが、幼稚園に行くと一変、話すことが出来ません。運動会で、何かダンスをするのも、立ち止まってしまいます。年少の頃は、初めてで恥ずかしいのかな?周りに圧倒されているのかな?と思っていました。年中になり発達スクリーニングでは発達には問題ないものの、気になるなら病院へ行かれたらとアドレスをもらいました。診断は、場面かん黙症でした。はっきり原因を知った方が、安心すると思っていましたが、ショックが大きかったです。支部長さんに伝えると、「大丈夫。親のあなたが頑張って人の役に立つことをしたら。」と言ってもらい大丈夫の一言に安心しました。

 

今、一年生を前に色々な不安がよぎります。普段から支部長さんから「苦しいことがあっても明るく乗り越えていくことが、信仰ですよ。」と教えてもらい、息子ならきっと乗り越えられる。と信じて行こう。と切りかえました。

 

入学・卒業祈願では、名前、好きな食べ物、抱負の発表の機会がありました。

前に出て発表なんて、ハードルが高いな。言えないのは、承知済みです。お姉ちゃんやいつも仲良くしてくれている子ども達にフォローしてもらうようお願いしました。

 

すると、順番が回って来て、マイクを向けられると、マイクがあって良かった。と思うくらい小さな声で名前を言いました。

あとは、周りの子ども達が、「言う?言おか?」と息子に聞きながらサポートしてくれました。

 

支部長さんに、息子が名前言えたよ。と報告すると、「普段からあなたが頑張って、ちょっと分かったからね。」と言って下さいました。「え!?」と反応すると、「子どものことは、ほっておいたら良い。人さまのために動いていたら子どもは、大丈夫。」と教えて下さいました。

振り返ると、教会で忙しい毎日を送っているおかげさまで、そこにとらわれている暇がなかったな。と思いました。

みんなのサポートと息子の力で、一歩進んだと思っていましたが、やはり私次第かと思いました。

これからも、忙しい毎日の中ですが、自分や子どもの成長のために頑張って行こうと思います。

 

また、学校や家庭以外で、自分を発揮できたり、安らげる場があることがありがたいな。と思いました。

春は、ドキドキ!わくわくの季節ですね。

DATE:2021年3月25日

誕生日のできごと

年明け早々に、訳あって仕事が休業になり、私は焦っていました。

そんな中、1月の末に私は誕生日を迎えました。

毎年、母がショートケーキを買ってきてくれます。
毎年、いつもと変わりない普通の夕食に、買ってきてくれたケーキを食べて、私の誕生日は終わりなのですが…

 

今年は、子ども達から歌のプレゼントがあり、感動しました(^^)

夫、小6の息子、小4の娘、4歳の息子が、元気よく「ハッピーバースデートゥーユー♬」と歌ってくれました!
恥ずかしそうに歌ってくれる長男と長女、張り切って歌ってくれる次男、子ども達をサポートしてくれる夫にキュンキュン♥しました。

 

いつも怒ってばかりの私だけど家族は皆、私を大事に思ってくれているんだ!認めてくれているんだ!と感じ、心が癒やされました。

 

振り返ると急に仕事が休業になり、焦っていた私でした。しかし、休業になったことで、ゆったりと過ごせていたことに気がつきました。
いつもだと、バタバタと家事をこなして終わるのですが、心にゆとりが持てたことで、いつもだと感じ難い気持ちを味わうことができました。

 

病気になったおじいちゃんに寄り添ったり、体調が悪くても、早く起きてご供養していることを、家族はみていてくれたのかな?

 

ゆったりできる時間を頂いている間に、心にアンテナをたてて、受け流してしまっている心を感じとれる私になりたいと思います!

DATE:2021年2月23日
. .
©Rissho Kosei-kai Buddhist Church of Fukuchiyama. All rights reserved.