ようこそ!立正佼成会福知山教会です!

立正佼成会福知山教会 立正佼成会福知山教会
ブログ(日記)
ブログ(日記)

(リモ学)沖縄平和学習に参加して

7月25日(日)に、西日本支教区沖縄平和学習が高校生を対象に開催されました。

福知山教会にいながら、事前搭乗手続きをした参加者、スタッフが、沖縄にいる教務員さん、現地で活動をされている方、44の教会とつながり、話を聞かせてもらいました。

 

6月23日という日が、出てきましたが、すぐにその日を聞いても、分からない私がいました。

「沖縄慰霊の日」です。

戦時中、大変な地上戦があったということは、学校やニュースで知っていましたが、どこか遠い昔の話で、よく理解しないままでいたことに気がつきました。

 

辺野古の移転問題も、ニュースで見てなんとなくそれは、止めた方がいいとは思っていても、思っているだけでした。

 

金井牧師さんからは、辺野古の問題は命の問題です。命を守るために声をあげていくことが、大事ですよ。」また、「私たちにできることは、たとえば身近にある環境問題も、学校や行政に働きかけて行動していくこともできます。」と教えて下さいました。

 

戦争は、終わった。と、平和な日々の生活に当たり前のように明日がある。また明日やればよい。と、思っていましたが、沖縄では、基地があることでの苦しみが、今も続いている。と思うと、終わっていないんだな。と感じました。

 

沖縄の方たちが、平穏な暮らしに戻ることができ、世界が、平和になる日まで、感心を持ち続け今いる場所からできることをやり続けて行きたいと思いました。

にふぇーでーびる(ありがとう)

リモ学オリジナルちんすこうとシャープペン

 

DATE:2021年7月26日

出会いのなかの私

今月に入り、息子が言うことに、「分かったで。」と、すぐに寄り添おうと意識するようにしています

 

ある朝、水筒にお茶を入れながら、「今日は、何を食べる?パン?ご飯?」と聞きました。いつも、何回か声をかけないと返事が返って来ないのに、「なんでも、いい。」と返ってきました。今日は早く答えてくれたなと思い、「卵かけご飯でよいか?」と聞きながら、つい、いつの間にか水筒に気がいってました。

 

息子から、「まだ~?」と聞かれ、息子に寄り添うと言いながら、自分のことを優先している私だなぁ。と気がつきました。素直にごめんね。と伝えたらいいものの、「はよ、出してもいっつもすぐに食べへんやん。」と言い分けをしてしまいました。言いながら、子どものせいにしてるわ。と思いましたが止められませんでした。

 

このことを、法座で話し「今日は、朝から失敗しました。」と支部長さんに伝えると、「じゃあ、どうしたらいい?」と聞いてもらいました。私は、「謝る」と、答えました。支部長さんから、「一瞬の出会いの関わりが大事ですよ。」と教えてもらい、この小さな積み重ねが子どもに影響してくるんだと思うと、大事にして行こうと思いました。

 

早速、帰って謝ると、え!?みたいな顔で照れくさそうに、「大丈夫やったで。」と言ってくれました。子どもの方が素直で優しいですね。おかげさまで、私と子どもの距離も、近くなったように感じました。これからは、自分をおいといてすぐに「分かったで。」と動ける私になりたいと思いました。

もうすぐ、なつ休みだ~!!

DATE:2021年7月18日

寝る前は

コロナ禍でなかなか集まれなくなったので、婦人部法座のグループラインができて、教会長さんが日めくりカレンダーの写メを送って下さいます。

この日は「ゆったりおしゃべりを楽しもう」でした。

 

宿題や塾、スポーツ、ゲームに忙しい息子は夏期にはエコの為、夜になると私と一緒の部屋で寝ています。

健康チェックを毎日書くようになっている事もあり、週末以外は、夜9時半から10時には電気を消し就寝するのがわが家のルールです。

「寝る時間やし、番組内容に切がついたからそろそろ寝ようか?」と声をかけます。

 

時間になると、見ている途中からでも録画をする事もありますが、その夜はあと15分位で終わるバラエティー番組だった事もあり、録画をせず就寝準備。でも息子はちょっと諦められない様子でした。

 

すぐ暗闇の中で、学校の話や、他愛のない話を色々してくれました。私も「こういう時間も大切にしたいんや」と伝えました。

 

始めは「見たかった…」とうなだれていた息子でしたが、その言葉が嬉しかったようで、これから早く寝ると言ってくれました。

 

いつもの流れでそうなっていたのですが、今回は大切な時間だったと感じました。

見たいテレビを我慢して一緒に寝てくれる息子…と思い直し、話を聞いてくれてありがとう!の声掛けと、あとが気になる途中からのテレビは選ばず録画してあげようと思いました。

今日からまた心に寄り添えるよう、頑張ります!

 

DATE:2021年7月11日

気づくことは願いにつながる

野球をしている息子。

小さい頃からピッチャーをしたい夢がありました。6年生になり、始めは投げさせてもらっていたけれど、ピッチャーが回ってこない原因が、最近になって判明しました。ストレートが投げられず、変化球になっていたのです。学童野球では肩を痛めるので、変化球は禁止です。

 

投げ方をチームの子や、監督に教えてもらっているけど分からず、直らないまま1年近く立っている事を知り、ショックでした。何度も教えてくれていたようですが、言葉での理解が苦手な息子なので、伝わらなかったんだな、と気づきました。

 

息子は、具体的な絵を元にしての理解はできるので、スライダーの直し方の動画を一緒に見ました。

「監督に僕の動画送って、ストレートが投げられているか見てもらおう。」

監督に動画を送ると、「練習あるのみ」の返事のみでやるしかないという気持ちになりました。

練習試合当日…。最後のさいごに、ピッチャーへチェンジしてもらう事ができました!久しぶりのピッチャーの姿を見て、いつものオチャラケた感じと違い楽しみながら野球している感じがして嬉しかったです。

 

願っていると叶う。それに向けて精一杯頑張るだけ!と、この経験で改めて気づかせてもらいました。

まだ始まったばかりですが、次回の試合に向けて!私も息子の心に寄り添えるように頑張ろうと思います。

DATE:2021年7月5日

アイスクリーム

ある日の夕食後、私はいつものように後片付けや翌日の準備をしていました。

 

リビングにいたのは中学1年生の次男だけ。期末試験の勉強をしていました。その日の試験でミスをしてしまい、落ち込んでいました。
励みになればと思い‥一つだけ残っていたプリンを、他の兄妹には内緒やで!と次男に渡しました。嬉しそうに食べ、勉強再開!
私の方もやっと手が空き‥

母:『もう一つ内緒に出来る?』
次男:『うん。何?』
母:『アイス食べていい?』
次男:『いいよ。母ちゃんは毎日アイス食べてもいいくらいやで』
母:『太るやん 笑笑 何で?』
次男:『ここ数日、試験で早く帰ってきてるけど。母ちゃんはずっと動いとる。母ちゃんがゴロゴロしてるん見たのは小学生の時の夏休み、ラジオ体操から帰ってきた時見た一回だけやで。だからアイスくらい食べて』
母:『ありがとう』
次男:『僕もまた手伝いするよ』

 

大家族であり自営業の我が家は、家事をこなすだけでもなかなかの重労働です。暑さもあり少し疲れていたのでアイスクリームで癒されようと思ったのですが、次男の言葉に癒され、報われました。
よし!母ちゃん頑張るよ!!

あ、でも‥子供たちに内緒で甘いもの食べたり、大の字になってゴロゴロしてることは‥
内緒の話し 笑笑

 

DATE:2021年7月4日
. .
©Rissho Kosei-kai Buddhist Church of Fukuchiyama. All rights reserved.