ようこそ!立正佼成会福知山教会です!

立正佼成会福知山教会 立正佼成会福知山教会
ブログ(日記)
ブログ(日記)

法座 |夏休みの宿題

夏休み最後の日、息子から「宿題一つ忘れてるかもしれない…」と聞かされました。理科の先生から、3日分の星座観察の宿題が出ていたのを思い出したようです。

 

私は、一瞬、腹が立ちました。でも、息子のしゅんとした様子を見て、正直に先生に謝るように伝えました。

すると、おばあちゃんから「黙っていたら分からないよ。先生には何にも言わなくても、いいよ。」という言葉が!!私は、何で人をだますようなこと言うの?とおばあちゃんを責める気持ちがわきました。

 

学校から帰って来た息子にその宿題の件を聞くと、先生は怒らずに「できる日でいいからやって来なさい。」と言ってくれたそうです。息子もちゃんと先生に正直に話すことができたんですね。その後、親子で星空を観察することが出来ました。息子も自分で星座表を見ながら、夏の星を見つけられたことをとても喜んでいました。

 

教会長さんから、「よい関わりできましたね。おばあちゃんのその一言で、自分たちが大切にしているものが見えたんじゃないですか?」と教えていただきました。

 

見方を変える事で、人を責めずに感謝ができるようになった法座でした。
ちょっとした事で動く心。聞かせて頂いてよかった!!

 

 

中秋の名月、キレイに見えるかなぁ?

 

DATE:2019年9月16日

法座|転校生の男の子

先日、息子のクラスに転校生のA君が入り、運動クラブも息子と同じところに入部してくれ、これからが楽しみでした。

 

そのA君、息子ととても仲良くなり、学校から帰宅してすぐに家に遊びに来るようになりました。しかし、宿題をしている息子のゲームを借りて、ゲーム三昧で…。運動クラブでも、球技道具を振り回し、辺りをウロウロしたりして、いつも何をしだすか分かりません。もう、私の心はモヤモヤ&ヒヤヒヤです。

 

ある時、朝の法座で、私の気持ちを聞いてもらいました。

法座主さんは「あなたの息子さんは、そんな友達にゲームを貸して優しい子ね。…」そして、続けて「ところで、A君は『座敷童子(わらし)』のような子だね。その子のおかげで、その運動クラブのチームが一致団結して強くなってませんか?」

 

たしかに今年は、試合で優勝が続いています。2度も県大会に出場していました。目からウロコです!!

 

最後に「その子のおかげで、お母さん達も一生懸命、子ども達を意識して支えようとするし、子ども達もそれに応えようと意識する。」と、A君の存在がみんなの”やる気”と”団結力”を引き出す大きな原動力になっていることに気づきました。

 

これからも大切な仲間の一人として見ていきたいと思います。

 

早いもので、もう稲刈りシーズンです。

DATE:2019年9月5日

法座 | 仕事、がんばってます。

朝の法座で、ある婦人のA さんが職場の話をしてくれました。

 

自分の担当する職場で、上司が不在になると、怠ける人たちが出てくるそうです。そんな人たちを見ていると、頑張っている自分がアホらしくなってくると。そこで、「こんな自分をどう思われますか?私は、いつも自分に自信が持てません。」と自分の悩みを話されました。

 

教会長さんは「周りに怠ける人がいても、努力しているあなたは素晴らしい! 大切なのは、周りの環境でなく、あなた自身が与えられた仕事にどう向き合っているか。…」と。

 

そして、続けて「仏教では縁起観という見方があって、いつも目の前の出会いを大切にすること。自分が良き縁になろうと努力することです。だから、周りに振り回されず、自分の与えれたものに集中して喜びを感じていくことが幸せになれる真因をつくることですね。」

 

「でも、その時は、一見、損をしているように思うかも。。でもね、最後は、きっと周りにとって必要とされる『あなた』になれますよ。なぜなら、そんな人、良識ある人は、あなたをほっとけないからね。」

 

「そんなことがわかってくると、大丈夫! あなたはきっと自分にも自信が持てるようになれます。頑張ってね。」と最後に話してくれました。

 

すると、Aさんは「わかりました、頑張ってみます。」と笑顔になってくれました。

 

 

 

夏休みの宿題は大丈夫かな~?

DATE:2019年8月24日

法座 | いっぱいサイン出しているよ!

今日の朝の法座では、Bさんのお孫さんの問題でした。

 

最近、お孫さんが問題行動をするようになって、親である娘が「私はこんなに一生懸命育ててきたのに!私の気持ちなんか、全然わかっていない!」とその時の状況を話してくれたそうです。そして、Bさんはその娘を一生懸命、慰めたとのこと。

 

それを聞いていた教会長さんは、「ところで、あなたと娘さんは、日頃、その孫さんの心に本当に寄り添えているの? お孫さんの気持ちがどうだったとか、あなたの話の中に全然出てこないんだけど?」

 

「いや、そう考えてみると、一方的なことが多いような気がします。。」

 

「そうだよね。それでね、その孫さんは、これまでに随分とお二人の心に合わせてきたんじゃない。そして、もう嫌だって!…。今もそのサインをいっぱい出していることが見えませんか?」

 

「はい、その通りでした。孫は小さい時から私たちの言う通りのまま、本当に頑張っていました。。。」

 

そして、Bさんはしばらく心を見つめて、「アッ、やっとわかりました。孫の方が私たちに合わせてくれていた優しい心に気づいていなかったです。まずは私からでした!。」と言って顔が明るく変わりました。

 

法座後、Bさんは、いつも相手の仏性を拝んでいく、新たな気づきが見えたようです。

今後、またどう変化していくか楽しみですね。

 

 

暑い夏!水分、塩分忘れずに~(^_-)-☆

DATE:2019年8月11日

法座|片付けは大事です。

今日の法座で「部屋で大事なものをなくしてしまいました。どうしたら、良いでしょうか?」と、Bさんが話されました。

 

教会長さんからは「モノがなくなる時って、たいてい心が荒れている時に起きませんか? これって今の心の状態を見せてもらっている表れ。ところで、今、あなたの家は散らかっていますよね。」

 

Bさん「はっ、はい。」

 

教会長さん「家の中がキレイになる方法は、一つやったら、それを片づけまでして、次のやりたいことに移る。大事なのはものごとを二つ、三つ同時にしないのがコツ。これは遅いようだけど、実はものごとを早く済ませ、家の中がどんどんキレイになる方法ですよ。」と話をしてくれました。

 

Bさんは、家の中で整理整頓が出来てない自分を振り返り、中途半端で終わってることもあるな~と思い返されていました。

 

私も、物を出してすぐに片付けるのが苦手。

机の上に、いろいろたまっていきます。要らない書類も、捨てられないんです(汗)。

同僚は、どうしたらこの山からすぐに必要な書類が出てくるの?と、不思議がっていました。私も本心は、スッキリした環境で過ごしたいんですよ。まず断捨離かなぁ~…

 

今年の関西は、梅雨入り遅かったですね。

 

DATE:2019年7月10日
. .
©Rissho Kosei-kai Buddhist Church of Fukuchiyama. All rights reserved.