ようこそ!立正佼成会福知山教会です!

立正佼成会福知山教会 立正佼成会福知山教会
ブログ(日記)
ブログ(日記)

良き仲間、先生との出会い✨

先日、娘の通う保育園で、クラスの懇談会がありました。

娘は、5年間この保育園でお世話になり、もうすぐ卒園🌸を迎えます。

懇談会では、クラスの子ども達の、園での様子を担任の先生から聞かせてもらいました。

保育園では、年長になってから、夕方のお迎えの前に、一日を振り返る終わりの会をされています。子ども達に今日はどんなことをして遊んだのか、こんな嬉しいことがあった、こんなことがあって悲しかったなど…一日を振り返って感じたことを発表しているそうです。

 

法座みたいなことを子ども達もしてるんだな〜(笑)と、思って私は話を聞いていました。

 

その終わりの会で、例年なら、「〇〇くんに、こんなこと言われて嫌だった」「〇〇ちゃんが意地悪したのが悲しかった」「給食で嫌いな野菜があって嫌だった」など、マイナスな意見の方が多いそうです。

でも、今年はマイナスな意見は出ず、どんなに大きな取っ組み合いの喧嘩があった日でも、その事は終わりの会では出ないんだそうです。

それは、喧嘩をしても怪我をしない程度に先生達が見守って下さっていて、子ども達が自分達でどうするのかをしっかりと待って下さっているということを教えてもらいました。

子ども達自身が、困ったとき、問題が起きた時に自分で考えて行動できる力を育てて頂いているんだなぁ〜。

私は待てずに、すぐに手を出してたなぁと思いました。

タイミングを見て、子ども達だけでは解決できそうになければ先生が仲裁に入り、橋渡しの役割をしてくださり、子ども達はその場でお互いの気持ちを出しきり、スッキリして、その後に根に持ったりすることがあまりないんだそうです。

 

なので、終わりの会では「〇〇ちゃんと、お家ごっこをしたのが楽しかった」「お散歩で山登りができて嬉しかった」など、ポジティブな意見の方が多いそうです。先生は、例年には珍しいくらい、ポジティブな子ども達が多いクラスです😁と話して下さいました。

 

その話を聞きながら、娘は、去年までは家に帰ってきてから「〇〇ちゃんと喧嘩した」「〇〇ちゃんが意地悪した」「ここが痛かった」など…毎日のように言っていたのが、年長さんになってからは、「楽しかった」と言うことが確実に多くなっているなぁと気が付きました。

 

それはきっと、良き仲間と出会い、良き先生に出会えたことが、娘にとって大きな宝物を頂いていたんだなぁと、改めて気付かせて頂きました🌸✨

すてきな先生、かけがえのないお友達、本当にありがとうございました😂

娘の残りわずかとなった保育園生活。私も一日一日を大切に感謝で過ごさせていただきます。🌸

 

 

 

DATE:2021年3月17日

朝の立ち当番で・・・

学校が始まり、朝の立ち当番が回って来ました。同じ町内の方とペアでした。

 

時間に行くと、その方は来られませんでした。私は、自分の役を務めるだけと思い直しました。「おはようございます。」と返してくれても、返してくれなくても子どもたちとのふれあいに、「やっぱり、挨拶をすると私が嬉しい気持ちにならせてもらえるなぁ。」と感じました。立っている所では、シルバーの方もおられ、短い時間でしたが、子どもの頃の苦労した話を聞かせて下さいました。

 

 

帰り道、立ち当番は年に数回で、子ども達やシルバーの方との出会いがないので、一瞬一瞬が大切だな。相手の方が喜んでくれるふれあいは出来たかな。と思って帰りました。また、もう一人の当番の方は、最後まで来られませんでした。その方は、来られなくても、日誌を持っておられるので、私はちゃんとさせてもらったから、書いてもらいたいな。と思う気持ちがムクムクとおきる私でした。

 

今月の佼成の会長先生のご法話の中に、宮沢賢治の詞が出て来たのを思い出しました。私もミンナニデクノボートヨバレ/ホメラレモセズ・・・になりたい。と思っていたのに。

 

支部長さんに聞いてもらうと、「良い体験をしましたね。色んな人と縁になると色んな自分に出会えます。」と教えてくれました。

 

色んな自分に出会えることがワクワクしてきました。

今年も即是道場でがんばります(^o^)

 

DATE:2021年1月17日

心のゆとり

ある日のエピソードです。

6歳の長女が、夕飯のおかずを食卓まで運ぶお手伝いをしてくれていました。

 

鼻歌を歌いながらルンルン♪で、お手伝いをしてくれていたのですが、小走りでおかずを運んでいて…勢い余って棚にぶつかり、運んでいたおかずをばらまいてしまいました。

 

すぐに「しまった‼」と思ったようで、「ごめんなさい…」と、落ち込みながら謝る長女…。

私は、散乱したおかずを集め、後片付けをしているほんの僅かな時間の間に、苛々する気持ちがわいてきて、表情もこわばっている自分に気付きました。

 

でも、このまま苛々を長女にぶつけても、そんな自分自身にまた腹が立つだろうなと思いました。

「わざとじゃないし…お手伝いを頑張ってくれていたんだし…落ち着け…落ち着け」と心の中で自分に何度も言い聞かせていました。

落ち込みながらも、片付けを手伝ってくれている長女に「失敗しても大丈夫!次から気を付けたら良いんだよ」と声を掛けることができました。

 

その日はショックからか「今日はもうお手伝いはやめとく」と、長女は言っていましたが、翌日にはエプロンを着けて「お手伝いする~♪」と笑顔で来てくれました。

 

自分にとって不都合なことは、受け入れられる日もあれば、苛々が抑えられない日もあります。けれど、相手のことを思って関われた日は、相手の心も、私の心も喜ぶんだなぁと成長した私に拍手してあげたいです。

心のゆとりって大事だなぁ~

DATE:2020年11月17日

息子の手紙✉

 10月半ばに行われた小学生の駅伝大会。

応援団の息子と選手候補のお友達がペアになり、駅伝に向けて一緒に取り組んできました。

数日前の壮行会で、息子がそのお友達に書いた手紙を学級通信に載せて頂きました。

 

~◯◯君へ~
ぼくは、だれよりも早くグラウンドへ出て、朝マラソン前にアップをしている◯◯君がかっこいいと思いました。駅伝の練習も一度も休まず、すごくがんばっているなとずっと思っていました。
でも、最終選考で惜しくも負けてしまったけど、そのあと泣きながら「本番がんばって」と言っていたとき、すごく感動しました。(※選考に負けてしまった○○くんが、選ばれた友達に向かって)

負けて泣くということは、それほど練習を全力でがんばっていたからだと思います。負けてしまったあとでも、素直に受け入れていたけど、本当は、そのときすごく悔しい思いだったと思います。
でも、みんなのがんばりも知っている真面目な◯◯君だからこそ、そういうことができたんだと思いました。最後まで一緒にがんばろうね。
◯◯より

 

つい先日、○○くんのお友達のお母さんに出会いました。
すると、「手紙を読んで感動した。うちの子、泣いて喜んでたよ。ありがとう」と、声を掛けて頂きました。

 

いやいや、一番感動して泣いてたのは‥実はこの私 なのです…笑笑

 

DATE:2020年11月9日

本当の気持ち

わが家で飼っていた犬を亡くして10ヶ月が経ちます。私自身、幼い頃から動物好きで、父や母によくお願いしたものでした。小学5年生の息子もその血を受け継ぎ、今年の春にはつばめの雛を連れて帰って来た事もあるほどです。

 

先日、息子から今度は、犬が欲しいと相談がありました。私は、家族みんなが賛成ならいいよと伝えましたが、母の返事は…「私とおじいちゃんが死んだ後なら飼って良いで」とのこと。
それを聞いた私は、何故そんな事を言うの?もっと違う伝え方があるだろうと、母を責める気持ちになってしまいました。
次の日、母から「あの後もう一度、孫が私の部屋に頼みに来て、今度は本当の気持ちを伝える事が出来たよ。」と声を掛けられました。
母は、犬の鳴き声を聞くとイライラして気持ちがしんどくなると私にも理由を話してくれました。

 

コミュニケーションは多く取っているつもりですが、この様なすれ違いが我が家ではよく起こります(笑)

 

このことを、法座で話すと、「それは相手の話を聞く時に、相手を責めた心で聞いているためですよ。」と教えてもらいました。

 

相手と会話のズレを感じた時、なぜそう思うのか聞かせて頂く事、相手に合わす心で聞く事で、本当の気持ちが聞ける事に気づきました。

 

特に家庭では意識しないと、息子に対しても、諦めず納得するまで相談出来る子に育ってくれている事の感謝と共に、少しずつですが、先入観ゼロの気持ちで向き合って行こうと思います。

DATE:2020年10月30日
. .
©Rissho Kosei-kai Buddhist Church of Fukuchiyama. All rights reserved.