ようこそ!立正佼成会福知山教会です!

立正佼成会福知山教会 立正佼成会福知山教会
ブログ(日記)
ブログ(日記)

義母の優しさ

毎年わが家では、家族7人で夏の終わりには稲刈りが待っています。

例年、子ども達の食育も兼ねて、一緒にしています。何かとバタバタするので、おじいちゃんの機嫌も、うかがいながらピリピリムードで進みますが、今年は、稲刈り前日にコロナワクチン接種をしたため、子供のたちはお家でゆっくり。

大人だけで休憩しつつ、時には雑談をしながら穏やかムードで進みました。

 

実家とはスープが冷めない距離に住んでいますが、義母とはなかなか出会わず、休みの日以外会話すことがありませんでした。
育児のことを相談すると、ストレートな母なので、「それはだめだ!」とズバズバときついことを言われ否定されるので、気持ちがしんどくなるときがあります。

そんな義母と稲刈りをしながら雑談しました。そこで、仕事場での出来事を聞かせてくれました。

 

義母は、自分の事しか考えていない、仕事の進め方をするAさんと、よくぶつかるそうです。また、指摘すると無視や嫌なことを回してきて、楽な仕事しか選ばない人…
そんな人をみると、許せない母です。皆、平等にしたい母は、仲の良い仕事場の人と、どうしたらよいか話をしたり、上司にかけあったり…諦めず解決しようとする正義感の強い母を知り、人のことを思って動ける芯のある優しい人なんだ、きついことを言うけどその裏側には、どうにかしてあげたいという優しさがあるのだと知ることができました。

 

私は、争うのをおそれて、自分の思いを胸に溜め込んでいき、卑屈になることが多いです(汗)

教会で行われる婦人部の学習で、我慢して相手に合わせるのは、その場しのぎに過ぎす、なんの解決にもならないということを教えてくれていただきました。
私さえ我慢したら…なんて思い、それが最善の解決策、優しさだと思っていましたが、逃げてただけでした…。

今回義母の話を聞いて、向き合い話し合う大切さを教えてもらいました。自分の思いを出しつつ、相手の気持ちを受け止め、人の心を聞かせて頂ける自分になりたいなと思いました。

 

夫は、稲刈りのたび、私は熱中症になり倒れてしまいます。夫はそんな私を心配してくれ、今年は倒れないようにと、「仕事場で使用しているファン付きの上着、持って帰ってくるわ。」といい、いつも私のことを考えてくれているんだな。と思いました。

稲刈り後、主人と、「今年も無事に終わったね。来年も皆揃って出来るといいね。」と話しながら、お互いをお疲れ様と慰めました。

 

新学期がはじまりましたね!
毎日、朝の目覚めを感じられることに感謝します。

 

DATE:2022年9月4日

ゆめポッケ&平和学習会

7月23日(土)に、少年部(小学生)ゆめポッケ&平和学習会が教会とオンラインを通じて行われました。3年ぶり&コロナ波が来てしまった為、参加はいつものメンバーかなぁと思っていましたが、いつの間にか思っていた以上の参加者となりました。

 

ゆめポッケの学習会で、集まることは3年ぶり。みんなと、会える楽しみもありながら、子ども達がお役をしてくれました。

 

ご供養のお役は普段、家でしたことがあっても、「みんなの前に出るのが恥ずかしい。上手くできるか心配。など、いっぱいの気持ちが、湧いているようでした。でも、始まると、一生懸命にお経を読んでいました。導師のAちゃんは、「脇導師の子や、後ろからみんなの声が聞こえて来て、みんながいたから頑張れました。」と話をしてくれました。

 

「平和ってどんなこと?」の本の読み聞かせやゆめポッケの動画を見て、最後にゆめポッケに、入れるメッセージカードを書いてくれました。

 

学習会を通じて、「命は、1つだから大切にしようと思った。」「優しい言葉をかけようと思った。」などの感想を発表してくれ、真剣に取り組んでくれました。

 

私たち、大人も当たり前の生活が当たり前ではないことを感じ、平和のありがたさを感じました。また、動画で見たゆめポッケを受け取ってくれた子ども達の表情や「5年前にもらったゆめポッケを大切にしている。」と聞かせてもらい、今まで以上に、1つ1つ心を込めて贈らせて頂こうと思いました。

カード頑張って書いたよ(^-^)

 

DATE:2022年7月25日

素敵な女性になるには・・・

6月23日(木)に婦人部の勉強で、「素敵な女性になるには」と、いうところを学ばせて頂きました。

勉強の最後に余談として教会長さんがスポーツアスリートを育てた方の
「ピタッと合う話」

①靴をきっちり丁寧に揃える習慣をつける
②財布の中のお札の向きをそろえ同じ方向に並べる
③家のドアや車のドアを閉める時、音がしないように丁寧に静かに閉める

すると自然と自分に「ピタッと合う」ことが来る。

一事が万事毎日を丁寧に「ピタッ」と生きているかどうかということを教えて頂きました。

 

数日後、法座の中で勉強に入って下さっていた支部長さんが、この前、ドアを丁寧に閉めることを実践している話をしてくれました。

 

私も、同じ話を聞いていたのに、すっかり忘れていたと気がつき、靴を丁寧に揃えることをやって見ようと、決意した数時間後、教会の玄関で・・・。両手に荷物を持ちながら、そおっと置こうと思いながら、ある程度の高さから靴を落とし、まっすぐに落ちてと思いながら、靴の片方が転げ、一緒に勉強を受けた方にバレてしまいました。「こらっ。笑」と、やっぱりバレてしまったか。 汗

 

明日から頑張ります。と決意しました。

 

翌日の夕方、ハッと、気がつき、今日はちゃんと靴を置いたかな?と思いましたが記憶にありませんでした。

 

また、次の日には、意識してやってみることが出来ました。

 

そして、次の日、同じ勉強の別日になり、改めて、靴を揃えることを教えて頂くと。

何と!靴を丁寧に揃える時は、腰から曲げず、膝を曲げて靴を揃えるんですよ。と教えて頂きました。

 

丁寧な動作から、どんな縁に対しても、丁寧な私になって行くのだな。と思いました。今月の会長ご法話は、『日常生活を当たり前に生きる―精進①』と、教えて頂いています。

 

丁寧に!を意識すると、何から何まで出来ていないことに気がつき、面倒さいな。と思ってしまう私でした。

当たり前のことは当たり前にできるように、まずは、意識をして、習慣になるまで実践していきたいと思いました。

『月下美人』吉見さん宅で、咲きました(^-^)

DATE:2022年7月3日

『初夏の風物詩』

私は冷たい人間かもしれない・・・。と

 

普段から自分自身で感じていましたが、先日支部の研修会ではっきりと支部長さんに「あなたは見るからに冷たい人です。」と言って頂きました。
「そして、蛍を見に行って感性を育てて来なさい。」と教えていただきました。

その時、蛍だって所詮“虫”だろうという気持ちもわきましたが。。。
「冷たい人間は人の気持ちを分かってあげられませんよ。」と言われ、このままではダメだと感じ実践してみることにしました。

 

翌日、主人と近所を散歩していると、偶然に主人が四葉のクローバーを見つけました。主人は初めてのことで感動し大喜びしています。

私は今、感動してるのか?と自問自答しましたが、四葉のクローバーも所詮“草”だしな。と冷めた考えが浮かんできました。

そのことを主人に話すと、こりゃ重症だということになり二人で感性を磨く方法を調べて話合いました。

 

とうとう蛍鑑賞当日、お義母さんお勧めの蛍の穴場へ向かいました。そこでは結構、蛍が飛んでいて水辺に映る蛍が幻想的できれいだなと感じることができました。そこで支部長さんから「きれいだね。と旦那にいうのよ。」と教えてもらっていたので、主人に「蛍キレイだよ。」と声をかけると、「所詮虫だし。」と返答されました。すると、主人は、昨日自分が四葉のクローバー見つけた時に「草だ!」といわれたことに傷ついていたとのことでした。

 

主人に、「ごめんね。」と謝り、そのことを支部長さんに報告させていただくと、「旦那が傷ついたことを出せたことが良かったね。」と言っていただきました。「これからは相手の言葉をパンっと否定せずにちゃんと聞くように。」と教えていただきました。

 

この経験を通して、私は、知らず知らずに冷たい言葉を言って相手が、傷ついていたのだと気づかせていただきました。そして、相手の言葉の気持ちをくみ取り言葉にして行きたいです。これからも温かい人になれるよう人の縁に触れながら感性を磨いていきます。

 

四つ葉🍀のクローバーがあります!!

DATE:2022年6月26日

私らしさ

 先日、青年各部長教育を、オンラインで参加させて頂きました。全3回で、今回は2回目でした。

目的は、足りない自分だから法を道しるべにして、人に喜ばれる生き方を探っていくというものです。

当日までに事前課題があり、周囲の方に「私ってどんな人か?」と言うインタビューをして来る事になっていました。私の場合は、

・真面目で一生懸命・話しやすい

・周りの人の事を考えてくれる

・ボーっとしている。ものをはっきり言う人ばかりでは大変だが「私」みたいな人がいたら話しやすくなるのでは

と、言って頂きました。

 

私だけでなく、同じ班の方も良い事を言われたとの事でしたが、私は、良い事ばかり言われて嬉しい反面、恥ずかしいなーと言う心の方が強く湧いていました。

でもそう思って頂けるのは、とても素晴らしいこと。それは信仰の功徳で、当たり前ではなく喜ばしいことだと教えて頂きました。

そんな事は思ったことがなく、目からウロコでした。

 

天然な私ですが、そんな私の持ち味を生かして、このインタビューのように、嬉しい気持ちになって頂けるような言葉かけ、人に心を寄せていく関わり方を家族にも部員さんにも意識できるように精進したいと思います。

梅雨入りが、もうすぐですね(^-^)

 

DATE:2022年6月13日
. .
©Rissho Kosei-kai Buddhist Church of Fukuchiyama. All rights reserved.