ようこそ!立正佼成会福知山教会です!

立正佼成会福知山教会 立正佼成会福知山教会
お知らせ
お知らせ

法座|いつも隅々までピカピカに!!

「今、すごく腹が立つんです!」

Aさんは毎朝の法座で話を切り出しました。

 

ある日、Aさんのお母さんが家に遊びに来たときのこと。そのお母さんがトイレから出るなり、「Aちゃんは、トイレ掃除してるみたいやけど、隅っこの方は、キレイになってないわよ~。」と。それを聞いたAさんは、最近トイレ掃除を頑張っているだけに、そのお母さんの言葉が許せなくなったそうです。

 

教会長さんは「お母さんのその言葉の奥は、どんな心だったのかな? 言葉の中に、お母さんが実家でずっとトイレ掃除をしてきて、隅々から隅まで努力されてきた心が見えませんか? そのトイレをずっ~と使い放題してきたのは誰でしょうね?」

 

その言葉を聞いて、Aさんの顔の表情がハッと変わって、「私です。最近、トイレ掃除を一生懸命している私の方にばかり目が向いていて…、確かに母は、長い間、私が大人になるまでの間、私の今の努力より何倍もトイレを磨いてくれていました。わかりました。感謝です!」

 

それから、Aさんは教会に来て勉強に入ったり、法座に出られるようになりました。今、少しでも自分の器を広げて、人さまを受け入れていく心を作りたい!と決意をして努力をされています。

 

Aさん、みんなで一緒にがんばろうね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DATE:2019年6月17日

学び|明日から心を入れ替えて!

小学生2人の娘。毎日、学校から帰るなり、「遊びに行ってくる~!」と自転車で走り去っていきます。

 

親として、そんな子どもたちを見ていたら、なんだかだんだん心配になって「まず帰ってきたら宿題!」と今年の4月に約束をしました。しかし、いっこうにその約束を守ろうとする様子もありません。私はもうイライラが積もるばかり。。。(怒)

 

そこで先日、教会で家庭教育が行われ、私もその勉強会に参加しました。そして「学校は勉強だけでなく、お友達との関係を学ぶ場」と教えてもらいました。

 

とても不思議ですね。その後娘たちはいつもように友達と遊んでいますが、「友達の中で学んでいるんだなぁ~」とうれしい気持ちになっている私がいました。見方が変われば心も変わるものです。

 

今日も娘たちはニコニコ顔で元気いっぱいで遊んで帰ってきました。私もうれしく思ってて。。

 

ところが、その後、子どもたちはお菓子を食べ、家でダラダラモード。それを見た私の心は一転!「いったい何時になったら勉強するの!!」と、ついつい怒ってしまってて。。

 

フゥ~⤵ また、ため息が出ます。とりあえず、明日から心を入れ替えてがんばるかぁ~⤴。

 

たまにはそんな日があってもいいですよね!?

 

近畿地方梅雨入りしましたー(ー_ー)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DATE:2019年6月13日

法座 |自信はトイレ掃除から…

半年くらい前のことです。私は、いつも周りのみんなと比べては落ち込んでいました。人前に出る機会の多い私ですが、どこか自信がもてないまま。。せっかくみんなに励ましてもらっても、なかなか卑屈な気持ちがとれないでいました。

 

そこで、法座で私の気持ちを聞いてもらいました。支部長さんは、「なにか行動したらいいですよ。お当番の日は、朝6時に教会に来て、まずはトイレ掃除から始めたらどうでしょう。」と提案されました。子どもも巣立ち、時間が自由に取れる私は「朝早いけど、やってみよう!」と、それから黙々とトイレ掃除の実践を続けました。

 

そうしている内に、「私は何も実践できていない自分だったから、みんなに後ろめたい気持ちがあったんだな。」と気がつきました。人が見ていようと、見てまいと、私は続けてやってる!という強い心の内側が積み重なってきました。

 

ある日、共育部の部員さんから「なんか最近、イキイキと変わりましたね~。」と声をかけられました。私の心の中で、積み重なったものが、自信としてあらわれたんでしょうか?何だかうれしくなって、「トイレ掃除のおかげで変われたよ~。」と自信をもって!お伝えさせてもらいました。

 

毎日できることをコツコツと…IN 玄関口

                         

 

 

DATE:2019年6月2日

法座 | トイレ掃除で新たな自分に!

元号が令和に変わってから、「私って、何にも役に立ってないし、出来てないなぁ~と」、なぜか心がモヤモヤして焦りを感じていました。そこで、そのことを支部長さんに法座で話すと、「まずは、素手でトイレ掃除してみたら?」と言われました。

 

実を言うと、子どもが幼稚園生の頃、あるママ友さんと関係が上手くいかなくなったことがありました。それからは「もう、ママ友と関係を作るのって、面倒くさいなぁ。自分一人の方が気楽でイイ~。」と、自分から積極的に人と関わることを避けてきて、それから、アッという間に二年が経っていました。

 

そんな中での教会でのトイレ掃除の参加。「これって何の意味があるの?」と思いながらも、共育部のみんなが掃除の手本をみせてくれ、その勢いにおされ、私も勇気を出して、素手でトイレ掃除ができました。何だか、私の気持ちは、すがすがしい気分です。

 

その後、家に帰って、家事をしていると、ふっと思うことがありました。

 

「何にも出来てないことに焦る私って… あれ!どういうこと?」「 本当は、どんな人とも関わりを持っていたいって思ってないか!? いつも人の役に立ちたいと思っていないか!?」と。そんな自分の心に気づきました。

 

それから、人との関りも受け身な私から、積極的になれることが増えてきたように思います。

 

今では「あの時、勇気をだしてトイレ掃除をして良かったなぁ~」と。新しい自分を見つけられて、とっても嬉しいです。

 

これからも、共育部の皆さんとトイレ掃除をつづけてみますヽ(^o^)丿

 

オリンピックチケットって、当たるの~?

 

DATE:2019年5月29日

法座 |トイレ掃除を素手で!!

昨年末、ひだまり第二課程で「トイレ掃除を素手ですると良いですよ」と教えてもらいました。私は、前にもそのような話を聞いていました。でも、義母とも同居をしているし、素手で、となると…とても勇気がいることでした。

 

それでも、トイレ掃除をがんばってみました。すると、良いことが次々と起こるようになって。。思わずうれしくなって、支部長さんに法座で「こんな良いことがありました。これはトイレ掃除のおかげです!」と報告しました。

 

すると、支部長さんは「そんな!積んだ徳分(ポイント)をすぐ使ったら、もったいない。いざという時のために、その積んだ徳は取っておくんですよ。」と教えてくれました。

 

私は「それもそうだな」と思い、それからは良いことが起こるように!と期待せず、無心になって毎日トイレ掃除を続けています。

 

そんなある時、家のトイレには、小さい子どもがいるせいか、毎日汚れが目立つようになりました。今までも、そうだったのかな…と思うと、とても怖い(>_<)です。でも、今まで見えなかったことが見えるようになったことに小さな喜びも同時に湧いてきました。

 

うちの自慢は「きれいなトイレ」です!

そして、家族の中で交わされる会話の中にも、小さな喜びがよく見えてきて、とても幸せです。

DATE:2019年5月28日
©Rissho Koseikai Fukuchiyama Kyokai. All rights reserved.