ようこそ!立正佼成会福知山教会です!

立正佼成会福知山教会 立正佼成会福知山教会
ブログ(日記)
ブログ(日記)

足りていることに気づく

5月17日の青年の日に向けて、婦人部のAさんに、一食募金をしてみませんか?と声をかけました。その後、短期間でしたが、「なにか自分にできることがあれば。」と精一杯の募金を貯めて持って来てくれました。Aさんが一生懸命取り組んでくれたことがとても嬉しく思いました。

 

募金を持って来てくれた時に、Aさんの子どもさんや、ご主人はどうされてるかなど、少し話を聞くことができました。Aさんは、「コロナの影響で主人が、仕事から早く帰って来てくれるようになりました。それで、子どもをお風呂に入れてくれるようになって助かっている。」と、笑顔で話してくれました。

 

コロナウィルスの影響で、大変なことも多いです。足りないことに目を向けるのではなくて、今、頂いている有り難いことに気づいて感謝していくことを改めてAさんから教えてもらいました。

有り難いことって、実は身近にたくさんあるけど、自分では気付きにくいものですね~😄ありがとう探しがんばります❗

すぐ、不足の心が出てくるもんね。

DATE:2020年5月24日

休校中に感じたこと

私は小学4年生です。休校中の母の日に、お母さんに、昼ごはん作りと、手紙と折り紙をあげました。

 

小さい頃は、母の日は手紙を渡すだけだったけれと、今回は料理に挑戦しよう!と思いました。私だけでは、出来ないと思ったので、お父さんに手伝ってもらいました。お父さんに手伝ってもらったことも、とてもうれしかったです。

お母さんは、食べた時とてもよろこんでくれました。「おいしい!」と言ってくれて、私はうれしかったです。

よく考えたら、お母さんがいることだけでも、幸せなことに気がつきました。

 

私は、今、友だちと会えなくて、さみしいです。でも、いろいろなことにもっと感謝したり、新しいことに気がついたり、挑戦したいと思いました。
時間があるから、文通したり、たくさん面白い本が読めたり、いいこともありました。この長い時間も大切にしたいです。

学校のみんなに早く会いたいな~

DATE:2020年5月22日

一枚のハガキ

教会が閉鎖になり、会員さん一人ひとりに、ハガキを送ることになりました。

 

その中で、私の身内のBさんから教会に「私は、佼成会に入った覚えはありません。本も、送ってもらわなくてもいいです。」と電話があったそうです。

 

私は、それを聞いて「私に何で直接、言ってくれなかったのか。」という気持ちになり、さみしい思いになりました。その後、Bさんからメールが送られて来て、教会のことを誤解しているのではないかとも思いました。

 

教会長さんに、このことをお伝えすると「  あなたに直接ではなく、逆に気を遣われたんですね。今は、そうなんだなぁ。と思えばいいんじゃない。」と教えて下さいました。

 

私は、“教会に電話をして来た”という事柄にこだわっていたな。と気がつかせてもらいました。

 

と同時にハガキを出した別の会員さんから、お礼のハガキや電話をもらいました。

私は、いろいろあっていいんだな。と思えました。ハガキを出すのが、とても嬉しく励みになっています。

 

皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

DATE:2020年5月18日

5月4日|ライブ配信から

開祖さまご命日の日ですね。

 

今日は、本部からライブ配信をして頂きました。今年は団参へ、まだ行けていませんが、本部にお参りをさせて頂いたような気持ちになりました。

家のご宝前の前に携帯をセットして、家族でご供養をさせてもらいました。こんなこともないと、一緒にご供養しないですが。

 

その後、川本時務部長さんのお言葉を頂きました。

『この時に、一人ひとりの安否を聞くだけではなく、新たな縁を結んで繋がって行きましょう。』と教えて下さいました。

 

今だからこそ、相手の方と繋がって深く関係を築いていけるチャンスかも知れないですね。

福知山でも、どこもコロナ対策で閉鎖中です(>_<)ステイホームのなか、便利な携帯で色々な人と繋がっていきたいと思います。

LINE動画など、今までとは違う新たな世界が広がって行って楽しみですね。

 

スマホですが、ちゃんと見れました(^o^)v

 

DATE:2020年5月4日

5月1日|佼成5月号から

教会が、閉鎖中のなか教会長さんから、動画で佼成5月号についてお言葉を頂きました。

そのなかで、『信こそは、我々が安心して生きて行くための最も根底になる心です。そのためには、自分が宇宙の大生命に生かされているのだ。守られているのだ。という信念に徹すること』と教えて下さいました。

 

私は、今コロナウイルスで、今や未来に対して時々不安になったりします。

でも、安心して生きて行くためには、生かされているのだ。守られているのだ。という信じていくことが大事なんだなと思いました。また、この中で、おかげさまをたくさん見て行ける私になりたいなと思いました。

 

次回も、楽しみにしています(^o^)v

DATE:2020年5月1日
©Rissho Kosei-kai Buddhist Church of Fukuchiyama. All rights reserved.