ようこそ!立正佼成会福知山教会です!

立正佼成会福知山教会 立正佼成会福知山教会
ブログ(日記)
ブログ(日記)

学び | 私が手を合わせてみると…

先日、教会長さんに教えていただいた「朝ごはん前のご供養」を早速やってみました。いつも私がコーヒーを飲んで、まったりしていた時間を、まず仏さまのご供養にあてました。

 

そして、学校から帰ってきた子供たちに、「仏さまに『ただいま』って言ったらどう?」と言ってみると…。

「分かったぁ!」と、ひとつ返事。その上、次男からは、「『ただいま』と『行ってきます』の丁寧語は何なの?」と聞かれました。

私は少し考えて「ただいま帰りました、と行ってまいります、だよ。」と答えました。

すると、次男はランドセルを背負ったまま「ただいま帰りました!」と、すぐ行動をしていました。

 

さらに、翌日も手を合わせる次男‥そして「ボク毎日やるわ。」と!(^^)!

この子は、何も疑問に思わないんだろうか??我が子ながら、少し不思議に思いました。でも、きっと何か、胸に抱えきれないものをもっているのかな…乗り越えようとしているのかな、とも思えました。

 

この事を教会長さんにお伝えすると、「お母さんが素直に実践したから、息子さんの素直な心が見えたんですね。」と教えていただきました。親子ってイコールですね。

 

これから仏さまの存在が、次男にとって心の支えになりますように…。

お餅の食べすぎには、気を付けて~(*^^*)

DATE:2020年1月4日

法座 | 子どもと一緒に

私には、妙に強い正義感と、まちがったことが許せない生真面目をプラスしたような性格をもつ次男がいます。おまけに次男は、思春期を迎えました。

その次男のクラスは学級崩壊が起きていました。最近は、少し落ちついてきているのですが。

私は、日々、クラスでの出来事や息子の友達関係に、ただ漠然と悩んでいました。先日の法座で、そのことを話をすると。。

 

教会長さんから「息子さんは学校では、どんな様子ですか?」と尋ねられました。「息子は息子なりに、葛藤を抱えながらがんばっています。」と言いました。

教会長さんから「そうですか、息子さんは学校でいっぱい頑張っているんですね。お母さんも何か一つ、一緒に頑張れることがあるといいですね。例えば、ご供養できてますか?子どもたちも一緒に、仏さまに手を合わせられるといいですね。」と教えていただきました。

.

私は、「家では全く出来ていません。子供たちも、仏さまを素通りして学校に行ってます。」と答えました。

教会長さんは、続けて「ご供養は、ご先祖さまにとってはご飯です。私たちがご飯を食べる前にすると良いですよ。」と言われました。

 

法座に座っていたみんなも、それぞれ振り返り「出来てない…」と目を合わせました。みんなで一緒に、「明日からは、朝飯前にご供養をしよう~」と心に決めました。

 

・・・朝のご供養は寒さと眠気との戦いですね、でもなんとか子どもと一緒にがんばっています(*^^*)

初日の出は、みれましたかぁ?

DATE:2020年1月2日

学び | 心もスッキリ

12月13日(金)に、ひだまり第2課程第6回を行いました。神戸から教務員さんに、霧の深い福知山までお越しいただきました。研修では、いつものように、たくさんの学びがありました。私は、その中で「思いやりの大切さ」が心に残りました。

 

思いやりとは‥どうか、相手の方が救われて欲しい、幸せになって欲しいと願う心だそうです。

うんうん、なるほど‥‥。と途中まで思っていたのですが。。私はふと「だれも救われていない人はいないんですよ~」と他の研修で、教えてもらっていた事を思い出しました。

 

「救われていないの?救われてるの?えー、どっちなんやろう?」そのことを教務員さんに質問し、答えてもらいました。

 

「救われていない人は確かにいません。ただ、妄想や執着があることで、本人が救われていることに気付いてないだけですよ。私たちが、救われていることに気付かせる縁になれることが思いやりなんですよ。」

私の心の霧も晴れて、スッキリしました!

 

なるほど‥なんでも分からないことは聞くほうがいいですね。私は、こうでなくちゃいけないという考えが強いほうだと思います。でも今日教えてもらい、こんな考え方で、広い視野を持って受け入れていくことが大事なんだなあ~と気が付きました。

 

この時期、朝は霧で真っ白になるんですよ。

DATE:2019年12月26日

子育て | なんと健気な子ども!

水子供養を終えてある時、本を読んでいて気になる記事を見つけました。

 

子どもは自ら親を選んで生まれてくるそうです。

何のために親を選ぶのかと言えば、自分が生まれる事で、両親に幸せを感じてもらうため、また、人の役に立つために生まれてくるのだそうです。

 

虐待をする親を、子どもが選ぶのか?と言えば答えは「イエス」。。でも、虐待されるために生まれたのではなく、虐待をしなければならないほど、辛い人生を送ってきた親を自分が生まれることで「幸せにするんだ!」とその親を選んでくるんだそうです…なんと健気…

 

この事を知って育児するのと、知らずに育児するのとでは、接し方が大きく変わってくるなぁと感じました。

我が子も私を選んで生まれてきてくれてありがとう‼️と、その時は思いました。

 

でもやっぱり、日常生活に追われ、子供の言動に振り回されイライラ。。そんな自分に腹が立ち、そして反省する私…。

 

そんな自分も認めながら、穏やかに育児できる時間を増やしていけたら良いなあ~と思いました。

 

みなさん、冬支度はすみましたか?

DATE:2019年12月8日

法座|息子の優しさの一面

中学1年生の息子。親が悲しいなるくらいに勉強が出来ません‥‥これはヤバイと思い、塾にも通わせ、学校でも補習を受けているにも関わらず、試験の結果も散々‥‥

 

そんな時、中学生のグループLINEでトラブルがありました。クラスは違うけど、同じ小学校出身の子がターゲットに…。その子を心配した息子が協力すると名乗り出ました。

先生の話によると、「めんどくさい、次は自分がターゲットになるのが怖い」などの理由から、協力してくれる生徒は少ないそうです。

 

その後、無事にトラブルは解消し、ターゲットになっていた子にも笑顔が戻ったそうです。

この出来事を法座でお話しました。

 

法座主さんから、「勉強よりも大切なことやね。塾に行っても補習を受けても教えてもらえないことだよ。」と教えて頂きました。

このことを通して、息子の優しさ・温かさを知りました。ちゃんと成長してるんですね。これから、安心して見守れそうです。

でも、、、やっぱり成績は気になる私です。(>_<)

 

福知山では、雲海が見れるんですよ!(^^)!

DATE:2019年12月5日
©Rissho Kosei-kai Buddhist Church of Fukuchiyama. All rights reserved.