ようこそ!立正佼成会福知山教会です!

立正佼成会福知山教会 立正佼成会福知山教会
ブログ(日記)
ブログ(日記)

夫婦の会話

2月の末、主人との関わりについて教会長さんに教えて頂きました。

 

主人は無口な人で、私も家では、あまり話をしていません。主人の機嫌が悪いときは仏頂面で、家の中の空気はどんより…私も『右にならえ』で同じように仏頂面で主人と戦っていました。

 

その反動なのか教会では、余計な事までペラペラと…それでバランスがとれていると私は思っていたのです。あるとき、教会長さんからは「それではバランスがとれていませんよ。」と教えて頂き、私は目からウロコでした。教会長さんは、「教会から帰る時、『今から帰ります。』と電話すること。そして、家に帰ったら『お待たせしました。ただいま帰りました。』と自分が女優になったつもりで、ふれ合ったらいいですよ。」と教えて頂きました。

 

勇気をだして、やってみると、自分の気持ちがスッキリしました。そして、主人がなんとなく穏やかな表情に見えました。

 

今、コロナウイルスで教会へは行けません。些細なことでも、私から夫に話かけるように意識をしています。会話の時間も、以前より増えたように思います。

 

この景色のように心も清々しく過ごせますように

DATE:2020年4月1日

くじけそうなとき…

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、息子の通う小学校も長い間、臨時休校になってしまいました。
突然、スケジュールも中止になったり、延期が続きました。目に見えないウイルスに、不安もあって家族はもちろん、私の心は疲れ気味…。
そんな時、ラインで元気をもらえることがありました。

 

福知山教会では、教会全体で三部経を一巻、読む取り組みをしています。読むところは、グループごとに毎日変わっていきます。

私も、三部経読誦をしました。朝、 一人で読んでいると長く感じ、くじけそうな気持ちが沸いてきました。

 

そんな時、支部のグループラインのが飛び交いました。みんなが時間をつくって三部経を読んでいる姿、がんばる様子、前向きな気持ちが、伝わってきました。

 

サンガの皆さんとは、今は会えないけど、「一人じゃない‼️」いつも近くにいてくれると感じ、明るく前向きにやって行こうと、思い直すことが出来ました。

また、祖母に「一緒に三部経を読もう」と声をかけることも出来ました。

 

今は、普段できていなかった掃除や、子どもと料理やお菓子作り。 暖かい日には、庭のテラスでご飯を食べたりしています。

 

コロナウイルスのおかげで、家族と向き合う時間をいただいたと、感謝しています。

DATE:2020年3月25日

コロナを忘れた日

私には、昨年から頼まれていたことがありました。ずっと気にはしていたんですが、私には無理だなぁ…出来ないだろう、と調べることも早々に諦めていました。

 

でも、3月に入り今までの日常の形が変わりました。新型コロナウイルスで、学校は休み。たっぷりある時間を子どもたちと過ごすことになりました。テレビやスマホでは1日中、コロナウイルスに関係したニュースばかりです。私は、ニュースを見るのをやめて、今までになかった子供たちとゆっくり触れ合うことにしました。そして、家の中の頑固な汚れも掃除できました。

 

そこで私は、頼まれていたことをやってみよう、と思い立ちました。一人では出来ないと思ったので、友人に助っ人を依頼すると、心よく快諾してくれました。

 

そして、約1日がかりで頼まれていたことを達成することが出来ました!

達成感の大きな喜びと共に、コロナのことを半分忘れていたな~と思いました。少しでも心配や不安にとらわれずに過ごせたことが、ありがたいなぁと思います。この時間をいただだいたおかげで、出来ないと思ってたことに取り組めて、喜びまで感じることができました。今のこの時をチャンスにして、また次の気になることに勇気を出して挑戦します。

 

これから、気になっている人に、連絡してみようと思います。

教会のラインリニューアルしましたぁ(^-^)v

 

DATE:2020年3月23日

学び | 子は親の鏡

 私には、5歳の長女と、5ヶ月になる次女の娘がいます。

次女を妊娠中に、切迫流産になり入院。なにかと、長女には寂しい思いをかけました。この頃から長女はよく甘えてきていました。寂しい気持ちを分かっていながらも、私は受けとめることができません。イライラしたり…そっけない態度になったり…。あたたかく受け止めることができたり、できなかったり…(”_”)の日々。

 

やっと無事に生まれてきてくれた次女。長女は次女をとても可愛がっています。そんな姿をホッと見ていました。でも先日、目が離せなくなってきた次女を抱いていたら、「いいなぁ~、いつも抱っこしてもらって…」長女がぽつり。

 

以前の私なら、この言葉を聞いて、自分を責めていました。でも、見方を変えると…長女は今まで周りに気を遣って、自分の気持ちをあまり出さない子。そんな長女が、気持ちを素直に伝えてくれた、と嬉しくなりました。

私も、気持ちを言葉にすることが苦手…その事から目をそらさず言葉で伝えようと、頑張っていました。長女を変えるのではなく、私が努力したことで、長女も素直に言葉で伝えてくれたんだなぁと気づきました。

 

教会長さんから『「+1」苦手なことにプラスワンで取り組んでいく』と教えてもらいました。

子どもは親の生き方をお手本にしてるんですね…。子は親の鏡。はっ…!っとさせられる毎日です(笑)

もうすぐ、ひな祭りですね♪

 

 

 

 

DATE:2020年2月28日

学び | 私が手を合わせてみると…

先日、教会長さんに教えていただいた「朝ごはん前のご供養」を早速やってみました。いつも私がコーヒーを飲んで、まったりしていた時間を、まず仏さまのご供養にあてました。

 

そして、学校から帰ってきた子供たちに、「仏さまに『ただいま』って言ったらどう?」と言ってみると…。

「分かったぁ!」と、ひとつ返事。その上、次男からは、「『ただいま』と『行ってきます』の丁寧語は何なの?」と聞かれました。

私は少し考えて「ただいま帰りました、と行ってまいります、だよ。」と答えました。

すると、次男はランドセルを背負ったまま「ただいま帰りました!」と、すぐ行動をしていました。

 

さらに、翌日も手を合わせる次男‥そして「ボク毎日やるわ。」と!(^^)!

この子は、何も疑問に思わないんだろうか??我が子ながら、少し不思議に思いました。でも、きっと何か、胸に抱えきれないものをもっているのかな…乗り越えようとしているのかな、とも思えました。

 

この事を教会長さんにお伝えすると、「お母さんが素直に実践したから、息子さんの素直な心が見えたんですね。」と教えていただきました。親子ってイコールですね。

 

これから仏さまの存在が、次男にとって心の支えになりますように…。

お餅の食べすぎには、気を付けて~(*^^*)

DATE:2020年1月4日
©Rissho Kosei-kai Buddhist Church of Fukuchiyama. All rights reserved.