ようこそ!立正佼成会福知山教会です!

立正佼成会福知山教会 立正佼成会福知山教会
ブログ(日記)
ブログ(日記)

台風19号で被害に遭われた方々へ

台風19号による豪雨で広範囲に及んで甚大な被害に遭われている皆さまに衷心よりお見舞い申し上げます。

また、災害で犠牲になられた多くの方々にご冥福をお祈り申し上げます。

 

私たちは一刻も早い復旧と皆さまのご健康、平穏な生活ができますようご祈念申し上げます。

 

立正佼成会 福知山教会一同

DATE:2019年10月13日

第4回 家庭教育講演会 開催

このたび、第4回 家庭教育の講演会(一般公開)の開催が決まりました。

 

今回は、「子どもの年齢別における母親・父親・家族のかかわり方」「子どもの小さなサインの見つけ方・かかわり方」などのテーマ、他にも子育てに役立つ情報満載です!

 

小さいお子さまには託児もご利用できます。またお待ちいただくお子さまには、楽しんでもらえるコーナーを設けています。

 

日時:  令和元年11月3日(日) 午前10時~12時

場所:  立正佼成会 福知山教会 法座席

講師:  東京家庭教育研究所 鈴木玲子氏

参加費: 無料

 

〚鈴木玲子氏  プロフィール〛

1992年 東京家庭教育研究所主催 全国家庭教育講師養成講座 受講

2003年 東京都生涯学習登録講師・日本家庭教育学会会員

2016年 日本家庭教育学会認定 家庭教育師  越谷市生涯学習リーダーバンクに登録  現在に至る

 

  子育て真っ最中のみなさん!お父さん、子育ての助っ人、おじいちゃん・おばあちゃんも大歓迎です!たくさんの方のお越しをお待ちしております♪ みんなで笑顔になりましょう(*^^*)       

 

DATE:2019年10月3日

法座|家は安全地帯

娘は、運動会の練習で、Aくんを泣かせてしまったそうです。私の顔を見るなり、「5回もごめんねと謝ったのに、許してもらえなかった…」と泣きだしました。

 

私は「一生懸命やったことなんだから、大丈夫よ。」と、あれこれ言葉を並べて励ましました。でも娘は、納得がいかないようで、泣きやみません。

 

私は、だんだん投げやりな気持ちになって、「許してもらわなくても仕方ないよ~!!」と言ってしまいました。どんよりした空気の中、娘は泣きながら寝ました。私は、どう関わったらよかったのか…後味が悪い気分に。

 

教会長さんに、聞いて頂くと、「泣きながら帰ってきたことは、家が安全地帯になってるから良かったですね。安全地帯と言うのは、温かく子供を受け入れること。また、相手の心を開くというのは、ほめるだけじゃないですよ。ほめたり叱ったり、その時どきにあわせた言葉で、相手に関わるといいですね。そうすると、相手の心にずっと残っていくことがあります。」と教えていただきました。

 

私は、そうだなぁ。家は娘にとって安全地帯なんだなぁ。守られてゆっくりできる場所を作ろうと改めて確認できました。

 

只今運動会中、どんな思い出ができたかな?

DATE:2019年9月28日

お知らせ|映画『みとりし』公開中!!

佼成出版社から発刊された本「私は、看取り士。」が原案本となった映画「みとりし」が公開されております。

 

一部の映画館のみの上映ですが、お時間があればぜひご覧ください。詳細は、以下のHPをご覧ください。

 

〇佼成出版社

新刊紹介『私は、看取り士。わがままな最期を迎えます』

https://www.kosei-shuppan.co.jp/book/b375517.html

 

〇映画『みとりし』公開サイト

ぴあ初日満足度ランキング 第3位!!

http://www.is-field.com/mitori-movie/index.html

*予告だけでも感動!!

 

お知らせ| ほんわかショップ IN大阪 ‼ 

DATE:2019年9月26日

法座 | 学校に行きたくない

9月10日の式典の後に共育部で法座を実施しました。

 

Hさんの悩みは長男さんのことです。長男のAくんは小学校6年生。最近、「学校へ行きたくない」と泣いて嫌がります。最後は微熱まで出て、行けない日が続いています。そこで教会長さんに聞いてもらいました。

 

教会長さんは、「Aくんは、実際に身体に症状が出ているんですね。そんな時は無理をさせてはいけません。ところで、いつも家でその息子さんの気持ちを聞いてあげていますか?」

 

Hさんは首を横にふりました。「話そうとしても、息子からあんまり返事がないんです。」

 

教会長さんは続けて、「あきらめないでね。相手の気持ちが温かくなるような質問をたくさんするんですよ。たとえ、返事がなくてもね。Aくんの心が満たされれば、特別な事情がない限り、自然に学校にも行けるようになりますよ。」その後、具体的に接し方を教えてくださいました。

 

その子が何を求めているのか・・・親は相手の心をキャッチできる「温かさ」がいつも大切なんですね。

 

私も「どうしたら、わが子を笑顔にできるのか」

この言葉を忘れずに、子どもとたくさん話をして、気持ちをキャッチしたいです。

 

DATE:2019年9月18日
©Rissho Kosei-kai Buddhist Church of Fukuchiyama. All rights reserved.